TNC静岡ジモティーズ TNC

« 久保田 利伸(ミュージシャン) | トップページ | 『CATSイラスト集』 村松誠 »

2004年12月 9日 (木)

北条 政子(歴史・政治)

静岡有名人列伝
※静岡にゆかりの深い人物を紹介するカテゴリです

北条 政子(ほうじょう・まさこ) 歴史(政治) 1157年~1225年

平安末期、伊豆の韮山で勢力を誇っていた北条時政の娘に生まれました。

平治の乱で伊豆に流罪されていた源頼朝と恋に落ち、平氏の力を恐れる周囲や父親の反対を押し切って結婚。1185年、壇ノ浦の戦いで頼朝が平家を滅ぼした結果、政子は「征夷大将軍の妻」となります。頼朝の死後、出家して尼となり、幕府内の北条氏の地位向上に努めた彼女は「尼将軍」と呼ばれます。

政子は、日本の数少ない女性政治家の中で最も有名な人物ですが、あまり良い印象を持たれていないようです。幕府を守るために、実の子を犠牲にしたり、父親を失脚に追いやったりしたことが、「強いが、冷酷な女」という評価を生み出しているのでしょう。しかし、子を失うことへの嘆きをつづった史料なども残されており、むしろ情熱的な女性だったようです。

武士社会である鎌倉幕府を、女性である政子が守り続けることは容易ではなかったはずです。夫の遺志を継ぐことと、「子供や孫の成長を見守りたい」という普通の女性としての望みの間で板ばさみになりながらも、気丈に決断し続けた悲劇の人。そんな風に彼女を見ることもできるかも。

ともあれ、彼女が日本史上最大級の女傑であることは間違いなさそうです。


【関連サイト】
歴史小説『北条政子』 永井路子 文藝春秋
ネット百科事典ウィキペディア「北条政子」

【静岡有名人列伝】目次へ

【05】静岡有名人列伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/5629568

この記事へのトラックバック一覧です: 北条 政子(歴史・政治):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。