TNC静岡ジモティーズ TNC

« 『CATSイラスト集』 村松誠 | トップページ | 『ダイスをころがせ!』 真保裕一 »

2005年1月13日 (木)

鈴木 光司(作家)

静岡有名人列伝
※静岡にゆかりの深い人物を紹介するカテゴリです

鈴木 光司(すずき・こうじ) 作家 1957年5月13日生

浜松市出身。小学校6年生の時、巨大なイカダで太平洋を横断する小説を書きました。卒業文集の将来の夢は、「7つの海の冒険旅行」。海に憧れる少年時代を過ごしたようです。

浜松北高校在学中はロックを愛し、卒業後は慶応義塾大学文学部仏文科に進みます。大学時代は演劇に熱中し、シナリオ執筆、演出を手がけました。

1990年に「楽園」で日本ファンタジーノベル大賞の優秀賞を受賞し、作家デビュー。高校教師であった妻に代わり、2人の娘を育てながら執筆した「リング」「らせん」「ループ」は大ベストセラーとなり、映画化・テレビドラマ化され、日本にホラーブームを 巻き起こしました。

以降、子育て体験を元に「家族の絆」などのエッセーも多数執筆し、「文壇最強の子育てパパ」を自認。バイク・格闘技が好きな肉体派作家の彼は、主夫業と執筆のかたわら、週2回はジムに通って体を鍛えているそうです。

年に何度か、自らヨットを操船してのクルージングにも出掛けていて、近々、長年の夢「ヨットでの太平洋横断」にチャレンジするらしいですよ。

【関連サイト】
鈴木光司氏の代表作『リング』
鈴木光司氏が優秀賞を受賞した『日本ファンタジーノベル大賞』のページ


【静岡有名人列伝】目次へ

【05】静岡有名人列伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/5629663

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木 光司(作家):

» 行間の宇宙 トラックバック eゆめねっと
こんにちは。TNC静岡ジモティーズ: 鈴木 光司(作家)を興味深く読ませていただきました。鈴木光司、いいですよね。 [続きを読む]

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。