TNC静岡ジモティーズ TNC

« しずおかデジタルコンテンツグランプリ作品募集中 | トップページ | 【日記】インターネットってやっぱ便利だわ…… »

2005年10月 4日 (火)

ちゃっきりぶしのひみつ

お前もデカなら足で稼げ
※静岡県内の気になるものレポートです

こんにちは、Koです。連休中に日本平山頂を訪れたところ、日本平パークセンターの屋上に「ちゃっきりぶし記念碑」なるものを見つけました。
20050920a  20050920b

♪唄はちゃっきりぶし~おとぉこはぁ~じろちょぉ~

という唄いだしで始まるこの静岡民謡を、全く知らないという静岡県人はまれでしょう。しかし、この唄が遊園地のテーマソングとして生まれたものであることはご存知でしょうか。

遊園地のテーマソング。つまり、ディズニーランドにおける「イッツ・ア・スモールワールド」と同格です。何か面白いネタが埋まっている匂いがします。早速調査開始です。

ちゃっきりぶしを作ったのは、当時「静岡電気鉄道」と名乗っていた現在の「静岡鉄道」です。作成当時の事情は、静鉄のホームページに大変にくわしく載っています。

⇒なるほどコラム『ちゃっきりぶし誕生秘話

静岡電気鉄道は、昭和2年に「狐ヶ崎遊園地」を開園させました。「狐ヶ崎遊園地」は後の「狐ヶ崎ヤングランド」。今は閉鎖され、ジャスコ清水店の3階にある「狐ヶ崎ヤングランドボウル」にその名残を留めています。

この遊園地開園に当たり、静鉄はそのアピールのためにCMソングを作成することにしました。その詞を書いてもらおうと、静鉄が選んだのがなんと、かの北原白秋でした。

白秋は当時40過ぎ。すでに確たる地位を築いていた詩壇の重鎮です。

静鉄の長谷川貞一郎部長は昭和のはじめ、その依頼内容を抱えて、北原白秋のもとを訪れます。偉大な詩人はかなり面食らったのではないでしょうか。

「私に宣伝用の唄、しかも地方民謡を作れと?」

長谷川部長、あえなく断られます。

白秋は、取り次ぎの者を通して「私は民謡をつくったことがないから」と、面会を断った。要するに、門前ばらいをしたのである。

ならばというわけで、つてを頼って紹介状を書いてもらい、長谷川部長、何とか白秋に面会。なおも渋る白秋に、是非に是非に、と頼み込んだようです。

その結果、白秋もついに長谷川部長の熱意に感動し、唄をつくることを快諾したばかりか、今までの非礼を詫び、励ましの言葉さえかけてくれたのだった。

すごい、すごいよ長谷川部長! ついに口説き落としたんだね!












作詞のインスピレーションを得てもらうために、静鉄は白秋を静岡に招き、下にも置かぬもてなしをします。芸者衆をあげての痛飲。北原白秋、これにはおおいに喜んだらしいです。白秋って、そういう人だったんですねえ。
20050820a
▲白秋が詩作を練ったとされる「千手寺」の「白秋庵」

さて、がんばってもてなした甲斐あって、白秋先生、詞を仕上げてくれました。新しい静岡民謡がここにうぶ声をあげたのです。

ちゃっきりぶし全30節。

白秋のおっちゃん、いきなりやる気出しすぎ。書きまくるにもほどがあります。

静鉄コラムのページで、30番まである歌詞がすべて見られます。また、静鉄狐ヶ崎の駅には「ちゃっきりぶし」誕生を記念する「ちゃっきりぶし由来」が掲げられているのですが、ここでも全30節を読むことが出来ます。
20050920c












ありがたいことに、静鉄のコラムのページでは曲を聴くことも出来ます。といっても30番まで唄うわけではなくて、掲載されている歌詞の1番・7番・2番をつなげた一般的なバージョンです。

計ってみたところ、この「3番まで版」で3分37秒です。ということは、単純計算するとフルコーラスで30分以上。うっかりカラオケボックスで唄おうものなら、「ロード」を全章唄い切るのと同じくらいはた迷惑です。

静鉄のコラムにこんな面白い一節があります。

後年、あの白秋をくどきおとした長谷川部長が町田嘉章氏に、「実は先生のお宅で初めて『ちゃっきりぶし』を聞かしていただいたとき、期待はずれでガックリしましてね。」と語って大笑いしたそうだ。

ははあ。長谷川部長が詩壇の重鎮・北原白秋に、是非に!と依頼したとき、その頭には「格調高い、重厚な民謡を」という願いがあったのかもしれません。「♪ちゃっきり・ちゃっきり・ちゃっきりよ♪」というわかりやすくて軽妙な、今風に言えばキャッチーな節回しを聞いて、激しく落胆したものと思われます。まさか「きやァるが啼くから雨づらよ」を30回も繰り返されるとは思ってもいなかったに違いありません。

なお、「きやァるが啼くから雨づらよ」という言葉が白秋先生の心をがっちりとらえた事情と、最終的に「きやァるが啼くんて雨づらよ」に変更された経緯についても、コラムに詳しく載っていますので、ぜひ読んでみてください。

ところで、当初「私は民謡をつくったことがないから」と長谷川部長を追い返した白秋先生の、「ちゃっきりぶし」作詞後の足跡をたどってみましょう。

昭和4年 平塚新宿耽二業組合に招かれ、『平塚音頭』と『平塚小唄』を作詞
昭和5年 稲田青年団の依頼により『多摩川音頭』を作詞
昭和7年 湖西市鷲津を訪れ、『鷲津音頭』を作詞
昭和10年 20日あまり湯ヶ島に滞在し、『湯ヶ島音頭』を作詞

白秋のおっちゃん、いきなりやる気出しすぎ。書きまくるにもほどがあります。

「ちゃっきりぶし」。それは大ヒット地方民謡であるだけではなく、北原白秋大先生が「ご当地ソングライター」として開眼するきっかけとなった曲でした。静岡県民は、この民謡に大きな誇りを持つべきである、とKoは考えつつ、今回の調査を終了するのでした。

[追記]2005.12.02
2005年11月30日放映の『静岡○ごとワイド』で、この記事と同じ「ちゃっきりぶしは30番まであるってホント?」がレポートされてました。白秋直筆のながーい巻物状の原詩も登場。

そして「日吉の会」という民謡グループに、実際30番まで歌ってもらったところ、フルコーラスで「34分27秒76」だったそうです。私の計算は合ってました。

しかし、「日吉の会」のおじいちゃんおばあちゃんたち、途中に休憩まで挟んで30分超歌ってくれたのに、オンエアでは2分くらいになってました。お、お疲れ様です……。

<by Ko>


【お前もデカなら足で稼げ】目次

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/5176205

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃっきりぶしのひみつ:

» 2007年6月1日(金)夜は、どちらのテレビを見るかな? トラックバック 白いツバサ@seesaa
●エコパで、 キリンカップサッカー2007 ~ALL FOR 2010!~ 日本代表 vs モンテネグロ代表 19:10 キックオフ(予定) 静岡第一テレビ(日本テレビ系より全国へ)中継放送予定 ●やっぱり富士山! : NHK静岡放送局 NHK 静岡放送局では、(静岡県内)テレビ放送開始50年を記念..... [続きを読む]

コメント

「ちゃっきりぶし」が北原白秋作だとは知りませんでした。
昔、東京で仕事をしていたときに、歓送迎会かなんかで仕事仲間20人位とカラオケに行き、誰かが間違ってエントリーして「ちゃっきりぶし」がかかってしまい「私、静岡出身なんで歌います!」と歌ったことがあります。
大爆笑をとりましたが、その後1ヶ月くらいは職場のみんなに「あめずらよ」と呼ばれてました。

おお、そうか。たしかに県外で唄うとけっこう受けそうですねえ。なにしろ「ちゃっきり♪ちゃっきり♪ちゃっきりよん♪ きャァるがなんくてっ♪ あめづぅぅぅらぁよぉぉ~♪」と調子がいいですからねえ。

記事で紹介している「白秋庵」は狐ヶ崎の駅の近くにあるんですが、小さいながらもなかなかいい雰囲気のいおりでした。ジャスコ清水店あたりに行く機会があったらよってみて、白秋気分に浸ってみるのもよいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。