TNC静岡ジモティーズ TNC

« 静岡おでん検定・自己採点 | トップページ | 通称・足裏寺の「秘在寺」 »

2007年2月 9日 (金)

わさび漬け作り

ジモティック・コラム

こんにちは。まち娘です。

週末、葵区有東木にある「うつろぎ」で、『わさび漬作り』を体験してきました。わさび漬は、まち娘家の朝にはかかせない一品。炊き立てのごはんの上に、わさび漬けをのせて、ちょっとお醤油をたらす……これがたまらなくおいしいんです。

初のわさび漬作り体験に、気合を入れて出かけてきました。

Photo_216

わさび発祥の地として有名な有東木は、静岡市街から安倍川に沿って進むこと約1時間。支流の有東木沢に沿ってくねくね道を約3キロ上ると、標高500~600mに有東木集落が見えてきます。

Photo_217

そこは、別世界。澄んだ空気に湧き水の音色が聞こえ、茶畑とわさび田に囲まれた心癒される空間が広がっていました。

Photo_218

集落の入り口には、わさび発祥の地の石碑がおかれています。

わさびは、一年中とれるようですが、今のこの寒い時期の方が辛味が強く、おいしいそうです。それを聞いて、わさび漬けづくりにますます力が入ります。

体験は、材料込みで1人¥1,000円。手ぶらでOKですが、2~3日前に予約が必要です。地元のやさしいお母さんの指導のもと、わさび漬けづくりスタートです。

まず、材料が用意してあります。

Photo_219
材料(220g分)     わさびの茎 150g
              わさびの根  12g
                    砂糖      20g
                    塩         2g
                          酒粕     118g

Photo_220
はじめに、わさびの茎をきれいに洗って0.5センチくらいに細かく千切りします。

Photo_221
細かく切った茎に塩を加えてよくもみ、アクを出します。

Photo_222
布袋に入れて絞ります。この絞り加減がポイント。絞りすぎに注意だそうです。

Photo_223
次に、わさびの根を千切りにして、アクだしした茎と酒粕をいれてよく混ぜあわせます。約15分ほどの作業で出来上がりです。

Photo_224
まだこの時点では、辛味がないそう。一晩寝かせると辛味がでて、おいしいわさび漬けとなるようです。ん~明日が待ち遠しい。

そうそう、わさび漬けは関東地方のコンビニでも、ちょっとした人気の商品だとか。わさび漬けは、ごはんとだけでなくパンにはさんでサンドイッチにして食べてもおいしいそうですよ。

(by まち娘)

人気ブログランキング地域ブログとして参加中! トップ10あたりをうろうろ中


【関連リンク】
「うつろぎ」
静岡県漬物協同組合連合会

静岡県庁裏にある「わさび漬けの像」

TNCクーポンサイト 静岡県内をぶらぶらするなら、その前にTNCクーポンサイト。たくさんのお店でお得サービスが受けられるクーポンをTNC会員に無料発行しています。
しずおかココだけ情報・イベント 静岡県内で行われるさまざまな催しについてのご案内。お祭り、フォーラム、展覧会、自然散策などなど。週末何をしようか考えるときにはまずココに!

【08】ジモティック・コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/13731949

この記事へのトラックバック一覧です: わさび漬け作り:

コメント

酒粕だったのか、あれは・・・!
しらなかったです。ありがとうございました!ひとつ勉強になりました。

わさびの茎は、佃煮が大好きです。

>なまこさん
コメントありがとうございます。
私も、あの白いのが酒粕とは思いませんでした。
 
 ワサビの茎の佃煮は食べたコトがナイので、今度食べてみますネ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。