TNC静岡ジモティーズ TNC

« 街角の主張2 | トップページ | 『ピタゴラ装置DVDブック 第1巻』 佐藤雅彦/内野真澄 監修 »

2007年2月 4日 (日)

星野 一義(カーレーサー)

静岡有名人列伝
※静岡にゆかりの深い人物を紹介するカテゴリです

星野 一義(ほしの・かずよし)カーレーサー 1947年7月1日生

今年は、カーレース世界最高峰である「F1グランプリ」が、「富士スピードウェイ」で行われることから、県内で話題のカーレース。

星野一義(ほしの・かずよし)さんは、日本最高峰のカーレース「フォーミュラニッポン」で、チーム部門のタイトルを、3年連続で獲得している実力派チーム・インパルの監督です。

現在の静岡市葵区玉川に生まれ、こどもの頃から乗り物好きだったという彼は、16歳からモトクロスバイクに乗り始めます。その後、カワサキ・コンバットというバイクレーシングチームに入り、モトクロス・レースを始めました。

和歌山でレースデビューを果たすも、このレースでは転倒し入院。しかしその翌年、全日本モトクロス大会ノービス90ccで初優勝し、1968年にはMFJ全日本モトクロスランキング・セニア90cc、125cc両クラスでチャンピオンになりました。

1969年には四輪のレースへ転向。四輪のドライバーとしても頭角を表し、1975年には全日本F2000選手権のチャンピオンを獲得します。1976年には富士スピードウェイで行われたF1グランプリでティレルというチームからスポット参戦。大雨、旧型のマシンという逆境の中で、最終的にはリタイアとなるものの、一時は3位を走行するほどの活躍を見せました。

その後、全日本ツーリングカーグランプリでチャンピオンの常連となり、ついには「日本一速い男」とまで呼ばれる様になります。

1996年にフォーミュラ・ニッポンから引退。2002年には、現役ドライバーを引退し「日本一速い男」の称号は、本山哲さんに受け継がれました。現在は、その経験を生かし、チーム・インパルの監督として活躍中です。

(by まち娘)


【関連リンク】
星野一義 写真と略歴
インパル オフィシャルウェブサイト

⇒ [書籍]『星野一義 日本一速い男が戦い抜いた33年の記憶』
⇒ [書籍]『GTーR never ends  星野一義がスカイラインと共に闘った18年』
⇒ [DVD]『星野一義ヒストリー』

動画ポータル・ショウタイム ブロードバンド動画の「ショウタイム」には、映画・ドラマ・アニメ・スポーツ・お笑い・グラビアなどの映像がたっぷり。あなたの気に入る番組が必ずある!

静岡有名人列伝 目次へ

【05】静岡有名人列伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/13480335

この記事へのトラックバック一覧です: 星野 一義(カーレーサー):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。