TNC静岡ジモティーズ TNC

« 県民の日イベント、そろそろ始まります | トップページ | 『ピタゴラ装置DVDブック 第2巻』 佐藤雅彦/内野真澄 監修 »

2007年8月 6日 (月)

芹沢 けい介(工芸家)

静岡有名人列伝
※静岡にゆかりの深い人物を紹介するカテゴリです

芹沢 けい介(せりざわ・けいすけ) 工芸家 1895年5月13日生
(注:けい介の「けい」は、「金」偏に「圭」。機種依存文字のため、ひらがなで表記)

芹沢けい介さんは、静岡市出身。日本を代表する染色工芸家の一人です。その作品は、日本はもちろんのこと、世界中からも高い評価を受けています。

彼は明治29年、静岡市本通の呉服商を営む家の次男として生まれました。

最初から工芸家の道を志していたわけではなく、中学卒業後は、現在の東京工業大学にあたる東京高等工業学校に進学し、そこでは図案科を専攻。卒業を機に静岡に戻り、図案家として静岡工業試験場で働き始めます。

転機となったのは、柳宗悦さんの著書「工芸の道」に出会ったことでした。これをきっかけに、工芸家への道を歩むこととなります。そして、柳氏によって特設された博覧会で出会った、沖縄の紅型(びんがた)の美しさに魅せられ、染色家になることを決意します。その後、紅型をはじめ、各地の伝統手法を研究。動物や文字などあらゆる題材をモチーフにした、彼独自の模様表現が生み出されていくこととなります。

彼が創始した「型絵染(かたえぞめ)」と言われる技法で、人間国宝に認定されたのは昭和31年のこと。昭和51年から52年にかけては、大規模な個展をパリの国立グラン・パレで開催し、大成功をおさめました。国内外で認められた、日本人屈指のスケールの大きな芸術家と言えるでしょう。

また、創作者としてだけでなく、蒐集家としての顔を持つことでも有名です。静岡市にある「静岡市立芹沢けい介美術館」には、約800点の作品の他に、約4500点におよぶ世界中の工芸コレクションが収蔵。年に3回の展示替えが行われ、氏のオリジナリティあふれる作品世界にふれることができます。

昭和59年4月5日、88歳の生涯を閉じましたが、彼の作品とコレクションは、今も多くの人達に愛され、デザイン界に強い影響を与え続けています。

(by まち娘)

人気ブログランキング地域ブログとして参加中! トップ10あたりをうろうろ中


【関連リンク】
静岡市立芹沢けい介美術館
東北福祉大学芹沢けい介美術工芸館
日本民藝館
大原美術館

TNCクーポンサイト 静岡県内をぶらぶらするなら、その前にTNCクーポンサイト。たくさんのお店でお得サービスが受けられるクーポンをTNC会員に無料発行しています。
しずおかココだけ情報・イベント 静岡県内で行われるさまざまな催しについてのご案内。お祭り、フォーラム、展覧会、自然散策などなど。週末何をしようか考えるときにはまずココに!

【05】静岡有名人列伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/15947466

この記事へのトラックバック一覧です: 芹沢 けい介(工芸家):

コメント

私は、夫の転勤で静岡市に来ました。そこで、芹沢さんのことを、初めて知りました。美術館にも行きました。大好きになりました。

今では、美術館で購入した綺麗な葉書を、故郷の親や友人に出しています。これからも折に触れ、美術館を訪れたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。