TNC静岡ジモティーズ TNC

« みんな大好きな「いちご」のおいしい食べ方 | トップページ | 徳川家康が愛した安倍川餅 »

2011年1月29日 (土)

伝説の犬を祭る「霊犬神社」(磐田市)

お前もデカなら足で稼げ

磐田市に犬を祭る珍しい神社があるのはご存じでしょうか。

Photo_5
磐田市の見付天神に霊犬神社があります。

祭られている犬は「しっぺい太郎(早太郎)」
静岡県の昔話で有名な「しっぺい太郎物語」の主人公です。

ちなみにその物語とは...

――約660年前。遠州の見付宿では、村人に毎年人身御供を要求し、従わなければ田畑を荒らす神がいました。
ある日、偶然見付に来た旅の僧がその悲劇を聞き、人身御供の箱を見張っていました。そこに現れたのは神ではなく、恐ろしい怪物たち。びっくりした僧が隠れて様子を見ていると、怪物たちがなにやら不思議な歌を歌っているのを聴きました。その内容とは、「信州信濃の光前寺、しっぺい太郎には知らせるな」というもの。
僧は早速今の長野県にある光前寺に行き、しっぺい太郎という人を訪ねましたが、なんとしっぺい太郎は人ではなく犬でした。しかし、その犬があまりにもたくましいので、「これならば」と住職よりお借りし、急いで村に戻りました。
見付に戻った僧は、娘の代わりにしっぺい太郎を生け贄のための箱に入れ、いつも箱をおいてある場所へと向かいました。しばらくすると、神社からは獣の激しく争う凄まじい叫び声が聞こえはじめ、それは朝方まで続きました。
朝になり
村人が様子を見に行くと、とても大きな猿の怪物が倒れていました。一方、しっぺい太郎の姿はなく、どこまでも続く赤い血が転々と残されていました。その数日後、全身傷だらけで光前寺に戻ったしっぺい太郎は、住職の前で一声鳴くと息絶えたという――

というお話です。
知っている方も多いのではないでしょうかeye

Photo_6
現地の立て札に詳しい内容が書かれていました。

つつじで有名な磐田市のつつじ公園(見付天神内の一角)に、しっぺい太郎を祭る霊犬神社があります。
うっかり見過ごしてしまいそうな小ささですが、つつじが咲く時期になると、辺り一面が花で覆われ、つつじ鑑賞スポットとして有名な神社なのです。

Photo_7
参道を囲むつつじたち。

しかし、神社の周りを見ていて思ったんですが、犬を祭ると言うわりには、肝心の犬を一匹も見かけません・・・。にゃんこならいたんだけどなーcat

Photo_9
すんげーたくさんいたニワトリ。

Photo_10
妙に人慣れしたにゃんこ。

と境内をウロウロしているとなんとしっぺい太郎の小屋を発見up

Photo_8
ガラ~ン。

しかし不在・・・。
どこか散歩にでも行っているのでしょうか?

ということを神社の人に聞いてみたところ、なんと去年の7月に脱走したとのこと。
怪物を退治しに出掛けたんでしょうかね・・・。

dogcatchickdogcatchickdogcatchickdogcatsnail

一方、見付天神の境内では、しっぺい太郎にちなんだお守りやグッズなども販売しています。

Photo_11
木で作られたしっぺい太郎の像。2,000円なり。

また、ペットの健康祈願という他の寺社では見られない祈祷も行っています。

犬を飼っている人、これから犬を飼う人は、しっぺい太郎の強さをあやかりに出掛けてみてはいかがでしょうか。

個人的にはつつじの咲くシーズンに向かうといいですよrvcardash

■霊山神社(見付天神)
磐田市見付1114-2
0538-32-5298

大きな地図で見る

(by 静岡星人)情報提供元:a・un

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/50710765

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の犬を祭る「霊犬神社」(磐田市):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。