TNC静岡ジモティーズ TNC

« 外はサクサクで中はふんわりの「桜えびのかきあげ」 | トップページ | ココロとカラダを癒しにお茶カフェに行こう! »

2011年6月24日 (金)

スズキ歴史館に行ってみよう!

お前もデカなら足で稼げ

今回浜松市南区にあるスズキ歴史館に行ってきました。

スズキ株式会社は、静岡県浜松市に本社を置く四輪車・二輪車等の製造メーカーで、それの歴史はなんと約100年。もともとは織機メーカーとして創業したそうです。
ここスズキ歴史館は、スズキの歴史とともに、受け継がれてきた「ものづくりの心」を紹介している歴史館なのです。

Photo
外観。1Fはショールームになっています。

それでは早速中を見てみましょう。

スズキ歴史館は、大まかに言うと「現在」と「過去」の2つのフロアに分かれています。なお、1Fは最新のクルマやオートバイや船舶を紹介しています。

■スズキの「今」を知ろう!
「現在」を紹介する2Fは、スズキの「現在のものづくり」をテーマに、企画・開発から生産・販売までを実車や3D映像で紹介しています。

2_4

2
クルマ製造の工程を紹介。

順路に沿って企画から生産・販売までの「四輪車」ができるまでの行程を知ることができ、ある意味「工場見学」とも言えそうです。巨大3Dスクリーンで見るプレス、溶接、塗装工程は大迫力で、思わず声が出てしまうほど。

2_2
モニターを通して企画会議にも参加できます。

また、入口右手にある地球儀のあるゾーンでは、世界各国にあるスズキの生産拠点を紹介しつつ、その国の文化や特産品などをクイズで楽しむことができます。

■懐かしの名車がいっぱい!
3Fではスズキの「ものづくりの歴史」をテーマに、織機から二輪車、四輪車へと転身を遂げた沿革を代表的な製品と当時の再現映像などを合わせて紹介しています。

3
スズキの原点である自動織機が展示してあります。

1909年の創業時に稼働していた織機から、スズキの二輪車開発の礎となった「パワーフリー号」、軽自動車のパイオニア「スズライトSS」、「アルト、47万円」という衝撃のキャッチコピーで一世を風靡した初代アルト、最新式のワゴンRなど、過去から現代までのスズキの製品を展示しています。

32

3_2
歴代の名車が勢揃い!

なお、スズキ歴史館はインターネット及び電話による完全予約制になっています。
なので必ず事前に連絡もしくは予約をしてから出掛けましょう。

★スズキ歴史館
浜松市南区増楽町1301
TEL.053-440-2020


大きな地図で見る

■開館時間/9:00~16:30
■休館日/年末年始、夏季休暇など
■入館料/無料
■駐車場/乗用車25台、バス2台
■見学方法/自由見学(所要時間は1時間半程度)
<注意>
スズキ歴史館は予約制です。事前にサイトから予約、もしくはお問い合わせの上、見学の予約を行ってください。予約はコチラから。

(by 静岡星人)情報提供元:a・un

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/52019665

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ歴史館に行ってみよう!:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。