TNC静岡ジモティーズ TNC

« 静岡県内のおすすめ工場見学スポット | トップページ | 伊豆シャボテンリゾートチケットペアで6組12名様にプレゼント »

2012年4月17日 (火)

浜松ジオラマファクトリーへ行ってきた!

お前もデカなら足で稼げ

今年の3月にオープンしたばかりの「浜松ジオラマファクトリー」に行ってきました。

Photo
入口の看板。おしゃれー。

ここ浜松ジオラマファクトリーでは、同市出身のプロモデラー山田卓司氏が顧問アーティストとして就任しています。
そう!!皆さんご存じ、「TVチャンピオン~全国プロモデラー選手権~」で、
5回の優勝を誇るあの方です。

初優勝した時の作品「蝉時雨」を始め、
ジオラマ作品やスケールモデルなど約70点が展示されていると聞き、楽しみ楽しみ!!

Photo_2
美術品の展示会場って感じです。

ザザシティ浜松中央館3Fにある会場入り口では、
受付嬢がにこやかに迎えてくれました。

受付嬢に見送られ会場に入った瞬間、つい見入ってしまったのは、
ウルトラQ怪獣カネゴンの親子「金田家の肖像」。

Photo_4
机の上にはリアルなお札のジオラマも。

ウルトラマンシリーズ最初の番組で、自分も大好きだったんです!
横には、その後製作されたガラモンやウルトラマンの姿も・・・懐かしい。
聞けば、昭和シリーズ作品の第1号がTVチャンピオンの優勝作品「蝉時雨」とすると、
カネゴンはその前に作った0号になるのだそうです。

なぜそんなことがわかったのか・・・?と言いますと、
山田氏ご本人にお会いして聞いちゃったんです。
場内には、製作現場を再現したスペースがあって、
その場で本当に仕事をされているとか。

ファンの皆さんも、運が良ければご本人に会えるかも!!

 

もうひとつ教えてもらったのは、
「おつかいのおもいで」の一コマ。

Photo_6
こちらがその作品。

TVチャンピオンの最終ラウンドで「水」というテーマで製作した、
雨上がりの交番を題材にした作品。
交番の建物の中に、よく見ると壁掛け時計があります。
実はこれは、山田氏の本物の腕時計を埋め込んだそうで(驚)!
電池がなくなるまでは、実際に動いていたんだとか。

1作品仕上げるまでの製作時間は「大きさにもよるけど、およそ1ヵ月弱かな~」と話す山田氏。
作品ごとの製作秘話を聞いたら、1冊の本ができあがりそう。

昭和の情景には、大人であったり子どもであったり、
ほとんどの作品に人物が入っています。
この人物の表情が、ホントにリアルで感動的!
笑い顔を見てほっこりしたり、泣いている子どもの姿を見てもの悲しくなったり。
これが、情景と相まって昭和のノスタルジーを表現しているんですね。

Photo_8
温かみを感じさせる作品が多いです。

怪獣→バイク→ミリタリー→昭和の情景など・・・と、
作品の巾は広がり、さらに新しいものに挑戦し続けている山田氏。
常にリアルを追求している作品の数々は、
対象を調べに調べてより本物に近づけ、細かく精巧な仕上がりに!
その力量は、英国のコンテスト「ユーロ・ミリテール情景部門」でも評価され、
金賞を受賞しました。

 

ものづくりの街「浜松」にふさわしい、新名所「浜松ジオラマファクトリー」は、
NPO法人はままつ未来会議が主催し、山田氏とコラボして開催しています。
これからは季節毎に展示作品も変更し、常設させていくとか。

山田氏ファン・ジオラマファンはもちろん、ジオラマって何?と言う方も、
実際に見たらびっくりする作品ばかりです。
駅から徒歩5分!1度と言わず何度でも、日本全国からおいでませ!

Photo_7
ショップもありました。

浜松ジオラマファクトリー
浜松市中区鍛冶町100-1(ザザシティ中央館の3F)
053-489-3725(NPO法人はままつ未来会議053-925-8780)
【入場料】大人400円 中高校生200円 小学生以下無料
【営業時間】10:00~19 :00(最終入場時間18:30)
【休館日】5月16日(水)、6月6日(水)


大きな地図で見る

(by はままつ子ども情報)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/54492382

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松ジオラマファクトリーへ行ってきた!:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。