TNC静岡ジモティーズ TNC

« 清水次郎長の墓から勝運を手に入れる! | トップページ | 公共建築百選(伊豆の長八美術館) »

2012年12月13日 (木)

世にも珍しい横穴式源泉「走り湯」を体験する!

お前もデカなら足で稼げ

温泉といえば穴から縦に湧き出すもの。
熱海の伊豆山には、 縦ではなく横、
海へ向かって湧き出す横穴式の源泉があるとのこと。
そのお湯が走っているように見えることから名が付いたのが「走り湯」です。

どこにあるかというと、
熱海駅から国道135号線へ進み、海へ向かって下ったところ。

_01   

大開運ツアー・・・ちょっと気になりますねー。

入口はこんな感じ。

_02

ひっそりとしていますが、
愛媛の道後温泉や、兵庫の有馬温泉と肩を並べる「日本三大古泉」。
約1300年前に発見された、全国でも珍しい横穴式の源泉です。

階段を上ると上には走り湯神社、下には走り湯源泉と二手に分かれています。

_03

走り湯を御神体とする走り湯神社で参拝したら、さっそく源泉入口へ。

_04

周りの岩を濡らしながら、外まで湯気がもうもうと上がっています。
源泉は高さ約150cm、奥行き8mほどの洞窟内部。
腰をかがめないと入れません。

それでは早速、源泉湧出口まで行ってきまーす。
と、一、二歩で曇るメガネ。
うぅ、前が見えない。

もうもうとした湯気でじっとりと肌が湿り、ムワッとした熱さ。
グツグツ、ゴーという沸き出す音が洞窟内に反響します。
思わぬ焦燥感。

洞窟の天井から蒸気の雫がポツっと肩に落ちて、 「ひゃぁ」 かがみながらの全速力。
そうです。
何を隠そう閉所恐怖症の私。
でも、手ぶらでは帰れません。
意を決して、メガネを避難して、よし、幾三。
たった奥行き8mに、小学生ばりに歌でも歌いたくなります。

何とか到達した湧出口は、石でできた深い浴槽みたいなところで、
・・・ところです。
正直、よく見えていません。
後情報によると、源泉の温度は70℃以上、
毎分170リットルほど湧き出しているとのことで、
石槽の周りには石灰華らしきものができているそう。

洞窟入口付近の1枚。

_05

古くは、源頼朝が、走り湯の前にあった岩風呂に浸かりながら
日の出を見て旗揚げを決意し、源氏再興を成し遂げたことから、
「この湯に浸かり心を改めると大願成就する」と伝えられる由緒正しき場。
そんなところで、怖いだの何だの、けしからんです。

入口の階段は伊豆山神社へ続く参道でもあり、すべて登れば837段。
体力のあり余った青年におすすめです。

■走り湯
熱海市伊豆山604-10
0557-81-2631(
伊豆山温泉観光協会
地図は
コチラ

(by スタジオムーン)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/56310354

この記事へのトラックバック一覧です: 世にも珍しい横穴式源泉「走り湯」を体験する!:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。