TNC静岡ジモティーズ TNC

« TNCラッキーナンバーズ!(第207回) | トップページ | 清水次郎長の墓から勝運を手に入れる! »

2012年12月 6日 (木)

森の奥にある隠れ家的パン屋さん

お前もデカなら足で稼げ

「隠れ家」というワードにつくづく弱い私・・・
どうやら下田市の山奥にそのパン屋はあるらしい。

いざ、下田市へ。

場所がわかりにくいので、少し説明を。
下田市の街中から国道414号で北上し、箕作の交差点で県道15号に入ります。
西に少し進んだところの信号で左折。

3

細めの道路をひたすら山の中に向かい、
しばらく行ったところに、案内板を発見。

1

急な坂道をぐんぐん登れば、もう少しです。

8

静かで豊かな自然に囲まれたお店に到着。
こちらが本日お伺いした「石釜パン工房 森のおくりもの」さんです。

 

時間は13時半頃。
ちょうど釜出しの時間でした。

4

熱々の焼きたてパンを取り出しているのが増田光男さん。
この店は増田さんご夫婦2人で切盛りしています。
『セカンドライフ』として下田市横川に移住し、
週末だけの手作りパン屋をオープン。
今年で8周年を迎えるそうです。

小麦の香ばしい、いい香りが漂っています。
石釜は増田さんのお手製。
銀行員として働きながらも、コツコツと作り上げたパン作りの要。
そして、次々と釜出しされたパンが店頭に並んでいきます。

6

地元の人にも人気のハードパンをはじめ、
カンパーニュ、みかんパン、竹炭、そばくるみあんぱんなど、
この日は13種類ほど並んでいました。

すべての生地にバター、卵、牛乳は不使用。
砂糖の代わりにハチミツを使用するなど、
すべて体に優しい素材で作られています。
店の隣にある手作りのテラス席で焼きたても味わうのもおすすめ。
緑に囲まれた最高のロケーションで頬張る焼きたてパン。。。
こんな贅沢ってないですよねー。

石釜で焼かれたパンは、外はパリッと香ばしく、中はモチっとふんわり。
まさに素朴な味わいです。

 

現在試作中の新作があるようなので拝見させて頂きました。

11

赤みのかかった生地。これは・・・?

「これはトマトの色ですよ。トマト酵母とトマトピールが入ってます。形は焼き上がってからのお楽しみ」と、増田さん。
型に生地を入れて石釜に入れ待つこと十数分・・・

焼き上がったパンを冷まして装飾すると・・・

7

これは、クグロフですねー!!
かわいい!

9

中もキレイな色合いです。
トマトのプチクグロフは秋限定で思案中。
店頭に並ぶのは来年の7~10月になるそうです。
楽しみですねー。

帰る際ご夫婦でお見送りまでしてくれて、
何か実家に里帰りした気分になってしまいました。
素敵なご夫婦がひっそりと山奥で営む手作りパン工房。
1度行ってみる価値ありです!

工房のほか、下田の道の駅、JA直売センター、旬の里(河内)、
下田・とうきゅう店(下田駅前)でもパンを販売しているのでチェックしてみてくださいね。

石釜パン工房 森のおくりもの
下田市横川1051-3
0558-28-1636
金・土・日曜のみ営業
釜出し13:30~14:00頃


大きな地図で見る

(by スタジオムーン)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/56262155

この記事へのトラックバック一覧です: 森の奥にある隠れ家的パン屋さん:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。