TNC静岡ジモティーズ TNC

« TNCラッキーナンバーズ!(第214回) | トップページ | 花の奥山高原の『昇竜しだれ梅』が満開、見頃を迎えています。 »

2013年3月14日 (木)

吹きガラスでグラスや風鈴を作ってみよう

お前もデカなら足で稼げ

ガラスの主原料になる珪石の産地として歴史ある西伊豆。
ガラスの町として定着するこの西伊豆に
自分だけのオリジナルガラスグラスを作る工房があると聞き行ってきました。

Faro1

こちらがガラス工房FAROさん。
真っ赤なかわいらしい建物が目印です。

体験工房で作ることができるサンプルがこちら。

Faro2

5~6色の定番カラーに、季節限定色(+200円)が選べ
色の入れ方も単色やミックス、泡なんかも入れることができるそう。

形はぐい飲み、とっくり、グラス、ピッチャー、一輪挿し、小鉢、風鈴など。
この時点で自分の作りたい形、色、大きさなどを伝えます。

Faro10

ガラスとなる素材を溶かす窯の中は1400度。
こちらの工房で使用する素材は透明度がとても高いそうで
仕上がりも期待が高まりますね。

 

さぁ、体験が始まりますっ!!
位置に着きましょう。

まずは溶けているガラスを窯から巻き取り、色ガラスのフリットをつけます。
泡を作るための重曹付けなど、ここまではスタッフの方がやってくれます。

おねがいしまーす!

Faro4

次に折り畳んだ新聞紙を使ってガラスの形を整え
棹の反対側から息を吹き込んでガラスを膨らませます。
温度が下がるとまた窯に入れ、整え、膨らませる
と何度か繰り返していきます。

んで希望の大きさになったら、
ハシと呼ばれる道具で口になる部分のくびれをくくり、木ゴテを使って底を作ります。

Faro5

ここできちんと平らにしないと、傾いた製品になっちゃいます。

 

次は底にポンテ棹を付けて口になる部分を切り離し、
今度は口になる部分を広げていく作業です。

Faro6

左手でコロコロと棹を一定に回しながら
ハシを水平に入れ、口を均等に広げていきます。

Faro11

おおー、だんだんと形になってきました!
た、楽しい~。

形成したら492度のオーブンで1時間一定に保ち、
その後徐々に温度を下げていきます。
ということで、当日の持ち帰りは不可。
翌日以降受け取りに行くか、発送をお願いしましょう。

 

・・・数日後。

届きましたよ~。

Faro8

今回作ったのはグラス。
形もいい感じ。
パープルカラーが大人っぽいでしょheart04

記念にネームも入れてもらいましたhappy01

Faro9

静岡ジモティーズって入れてみました!

自分で作ったグラスだなんて、とっても愛着が湧きますねheart02
これで何を飲もうかなぁ~なんて、考える時間も幸せです。

 

今回伺ったFAROさん。
五木田さんご夫婦はともにガラス工芸作家で
15年前に西伊豆に移住し、約2年をかけて工房の窯を手作りしたそうです。

現在に至るまで数々の作品を生み出していますが、
作れる量は1日多くても20個だとか。

時間と費用を掛け一つ一つ丁寧に作られた作品は、
工房でも販売されていますので、体験後にぜひ覗いてみて下さい。
どれもかわいらしく、温もりが伝わってきますよheart01

吹きガラス工房 FARO
賀茂郡西伊豆町宇久須1919-1
0558-55-1582
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】不定休(年2回、窯の修理で1カ月間の休みあり)
【駐車場】10台

<体験情報>電話にて要事前予約
【体験時間】10:00~12:00、13:00~15:30(受付終了)
【所要時間】約20~30分
【体験可能年齢】3歳半~
【体験料金】税込3,000円(ぐい飲み、とっくり、グラス、ピッチャー、一輪挿し、小鉢)
※風鈴は組み立てなし4,500円、組み立て完成品5,000円
※送料は別途(740円~)かかります。


大きな地図で見る

クーポンで名入れが無料に!TNCクーポンズはこちらから!

Coupons300x250

(by スタジオムーン)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/56948399

この記事へのトラックバック一覧です: 吹きガラスでグラスや風鈴を作ってみよう:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。