TNC静岡ジモティーズ TNC

« 黒はんぺんレシピコンテスト結果発表☆ | トップページ | 伊豆高原にある犬専門の写真館!? »

2013年8月23日 (金)

福田漁港で「とれたて」の魚介類を味わう!

お前もデカなら足で稼げ

磐田市にある福田漁港に昨年オープンした『漁師のどんぶり屋』に行ってきました。

1

しらすの漁獲量が95%と言われる港の目の前にあります。

こちらのお店は磐田市の市場化テスト事業で、
トラックの荷台と、海の家のようなプレハブテントの仮設店舗となっています。

お店では朝獲れ『生しらす丼』が大人気!
金・土・日曜の週末3日だけの営業で、売り切れ御免なのだそう。
今日は金曜日、平日という事もあって人気とは言えども、
そこまでではないだろうと思いつつ足を運びますと・・・。

2

現場に到着したのは10時半。
オープンは11時なんですが、
ご覧のとおりあふれんばかりの人だかりの行列!!

驚きを隠せず、お客さんに声をかけてみると、どうやらリピーターが多い様子です。
「今まで漁港で新鮮な海の幸といえば、御前崎まで行かないと味わえなかったけど、
ここが出来て近いからついついまた来ちゃう」なんて声が聞かれました。

セルフオーダー式で、支払いと引き換えにプラスチック番号札を渡されます。
店舗内は場所取りの人、オーダーの人とそれぞれに役割分担し、
お客さんもこなれたご様子。

厨房は漁師の奥様が中心です。

4

旦那様が漁に出かけている朝早くから、下ごしらえをしています。
5人も入ると、すれ違うのに精いっぱいな小さなスペースで、
次々入るオーダーをテキパキ。
「漁師家族間の交流が増えた」と、とても楽しそうです。

 

それではお待ちかねのメニュー紹介です!

一番人気はやはりコレ、朝獲れたての「生しらす丼」(700円)。

5

さっき獲れたばかりの生しらすは、甘みが強くてピッチピチ。
臭みなど一切ありません。
生姜とネギなどのさっぱり系の薬味とともに、さらさらといただけちゃいます。
さっきまで泳いでいたしらす君へ、恵みをありがとうと思わず感謝です。

来店者のお楽しみはこちらにも。

6

漁の時期とその日の漁で釣れた魚によって具材が異なる
「おまかせ海鮮丼」(800円~)や、
「おまかせ海鮮天丼」(800円~)などに使われた「魚のアラ」を炭焼きにして、
サービスしてくれるのです。

「この前来た時に食べられなかったから、ここで出来上がりを待ってます」
なーんていうご夫婦。お皿を持ってスタンバイする姿がなんとも微笑ましいです。

7

少人数で支度をする厨房、なおかつこの混み具合ですから、
待ち時間は30分から1時間ほど。
その間にこうして楽しませてくれるアイデアも、なかなか粋な演出ですね。

 

しらす丼を満喫していると、店の前から大きな声が・・・。

「今、漁船から到着したばかりの「もちがつお」を出しますよ~!!」

8

「わぁ!!」と、お客さん達のどよめきが上がります。
こんなサプライズも、漁港は目の前というロケーションならではですねー。

「もちがつお」とは、遠州の代表する前浜の一本釣り漁法で獲れたかつおのこと。
魚が弱ってしまったり、圧迫死などが起こったりする網漁に比べ、
一本一本竿で魚を釣り、生きたまま漁船に乗せて持ち帰るのが特徴です。

かつおがパニックすることなく、普段通りの血流状態で下処理を施すことが可能。
臭みがまったくなく、まさに新鮮かつ、
モッチモチなかつおが味わえるということで「もちかつお」と名付けられました。

漁から帰ってきた漁師さんの見事な三枚おろし。

9_2

この日のかつおは4.5キロ。
「いいのが釣れたね~」と、厨房内も笑顔と活気に満ち溢れています。
この場所が出来て、漁師さん達のたまり場にもなっているそう。
漁から帰ってきては、今日の水揚げトークに花を咲かせています。

 

先ほど釣れたばかり、どこよりも新鮮な「もちかつお」はコチラ!

11

これはいくら評判の飲食店へ行っても、絶対に味わえないでしょう。
何と言ってもとれたてピチピチですからね!

口に入れると、確かにモッチモチ!!
私たちがよく知っているかつおは、噛むごとにどこか血生臭さが否めずに、
つい薬味でごまかしがちですが、
獲れたてのかつおはまったく臭みがなく、にんにくの薬味は必要ないほど。
むしろ味はタンパクで、もっちり食感とともに箸が止まらぬ美味しさです。

こんなにピチピチな魚を味わえるんだもの、『猟師のどんぶり屋』が人気なのも納得。

 

磐田市のテスト事業は、2年間と定められているそうです。
2年で1万食は達成するだろうと言われ、大成功を収めているこの事業。
事業を終えたその後は、色々な構想が持ち上がっているそうですよー。

そんな今後を楽しみに、
新鮮な海の幸が味わえる福田漁港が地域のにぎわい拠点として、
いつまでも私たちを楽しませ続けて欲しいですね。

地魚処 漁師のどんぶり屋
磐田市豊浜4127番地42(福田漁港交流広場「ふくっぱ」内)
090-8182-0836

より大きな地図で TNC静岡ジモティーズ を表示

■2013年3月以降の静岡ジモティーズの記事の取材場所が一覧で見られます■


(by tadauchi)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/58040423

この記事へのトラックバック一覧です: 福田漁港で「とれたて」の魚介類を味わう!:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。