TNC静岡ジモティーズ TNC

« Jリーグ観戦チケットプレゼント!第5弾 | トップページ | 保存版!静岡のお花見スポット&イベント特集 »

2014年3月20日 (木)

吉原商店街にある高校生が運営するお店

お前もデカなら足で稼げ

JK(注:女子高生)たちが集まる・・・もとい運営をするお店が富士市にあります。

早速来たのは、富士市の吉原商店街。

01

ここ「吉商本舗」は、市内の富士市立高校(旧 吉原商業高校)の高校生と、NPO法人東海道吉原宿が協同で運営する駄菓子屋さんです。

ということで店内には駄菓子がたくさん。

02

懐かしの人参(ポン菓子)やじゃんけんグミなんかもあります。

03_2

そしておとなしめの看板犬も。

名前は「ちゅうりっぷちゃん」・・・と見せかけての「ちゃうりっぷちゃん」。

04

さてさて、女子高生はというと・・・

06

真剣な表情で電卓をはじいていました。

商業=そろばんではないのね、そうよね、昭和よねと思いつつ何をしているか聞くと・・・

「お菓子の詰め合わせの発注があったので、金額内でどのお菓子を組み合わせようか決めているところです」

とのこと。

そうです。
彼女たちはただの店番ガールではなく、運営者のひとり。

お菓子の補充や賞味期限のチェック、子ども会のお菓子の詰め合わせを指定の金額内で作ったりお菓子を持って老人ホームへ出張出店したりもしているのです。

市立高校の全学科(総合探究科、ビジネス探究科、スポーツ探究科)、どの生徒も参加OKの「ビジネス部」という部活なんだとか。
部長が組んだシフトで、1日2人が学校帰りや休日に出勤(?)しているそう。

ちなみに一人一人、営業部という肩書きで名刺も持っています。

それでは、イチオシ商品を教えてくださーい。

05_2

まずは高校生たちが市内の須津中学校と、調味料メーカー・福泉産業とコラボした看板商品の「吉商本ぽん津」250円。

富士市で採れたダイダイを使うことで、一般的なポン酢とはひと味違う柑橘系の甘い香りが広がります。
もちろんみなさん家でも愛用中とのこと。

そして、彼女たちがパッケージなった「カレー革命」320円。
今までのカレーにデミグラスソースの深みをプラスした、オシャレ版カレー。
オムライスやうどんによく合う、育ち盛りも納得の1.5人前です。

手前の「よっぷ」200円は、べにふうきやブルーベリー、マラウィー紅茶などの飴の詰め合わせ。
売上げはマラウィーのエイズ検査センター建設に寄付されるそうです。

どれも高校生たちの自由なアイデアが盛り込まれたオリジナル商品で、現在は、ダイダイを使ったアイスを富士宮・土井ファームと開発中なんだそう。

ちなみに対応してくれたスタッフは、左から夢は介護職の大塚ほのかさん、美容師を目指す鈴木ももかさん、将来は接客業の有留由夏さん。

07

商店街を探索がてら、なつかしの駄菓子、オリジナルの商品を求めて訪れてみてはいかがですか。

ついでに、ピチピチのJKにも会えますよheart04

吉商本舗
富士市吉原2-9-21
0545-53-2173
【営業時間】16:00~18:00 土日は10:00~15:00
【定休日】月曜日
【駐車場】なし

より大きな地図で TNC静岡ジモティーズ を表示

■2013年3月以降の静岡ジモティーズの記事の取材場所が一覧で見られます■

(by スタジオムーン)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/59313749

この記事へのトラックバック一覧です: 吉原商店街にある高校生が運営するお店:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。