TNC静岡ジモティーズ TNC

« Jリーグ観戦チケットプレゼント!第8弾 | トップページ | 森の中にある小さな菓子工房 »

2014年4月17日 (木)

静岡市にあるアニメ好きのための酒屋

お前もデカなら足で稼げ

静岡市駿河区の産業館西通りを歩いていると、ちょっと興味深い電柱広告が目に入ってきます。

01

可愛らしい少女の絵と「酒店」という文字。
さらには「萌酒」という単語も見られます。

萌酒って何でしょうか?

気になりますので、さっそくお店に行ってみましょう!

電柱広告の案内に従ってたどり着いたのがこちら、「鈴木酒店」さん。

02

古風な佇まいがいい感じを醸し出す、町の酒屋さんです。

ん?
あのポスターは何でしょうか?
もっと近づいてみましょう。

03

そこに現れたのは、およそ酒屋さんだとは思えない光景。
もつカレーって大きく書いてあるし、もしかしてカレー屋さん?

よく見ると木彫のちょっと立派な人形もあります。

04

これは先程の電柱広告にも描かれていた少女・・・ですかね。

こちらはお店の看板娘、鈴木 萌(めぐみ)さん。
ちなみに称号(?)は「駿河に舞い降りた酒器妖精」だそうです。
まー日本は八百万(やおろず)の神がいるって言いますしね。
萌に特化した妖精がいてもおかしくありません。
神様じゃなく妖精だけど。

店内にも美少女のキャラが描かれた商品がいっぱい。

05

一瞬「ここは酒屋か?」と見間違うほどのグッズの充実っぷり。

特にこちらの商品群は「鈴木酒店」さんのオリジナル。

06

静岡の地酒にそれぞれ個性的なキャラクターとその名前が付けられています。

これがいわゆる「萌酒」です!

現在のラインナップは「静岡萌酒補完計画」という名のもとに生み出された静岡萌酒奇譚シリーズ全6種。

こちらはその中のひとつ、「藤瀬 志乃(ふじせ しの)」。

07

藤枝市にある志太泉酒造でつくられた純米吟醸。
柔らかくて爽やかな柑橘系の香りがする癒し系です。

パッケージの中には彼女の年齢や趣味、称号等が記載された「おまけカード」も入っています。
こだわってますねぇ!

そのほかにも違った酒造の、違った味わいの地酒をバランスよくそろえて、それぞれの特性に合ったキャラを展開しています。

 

こちらは看板娘の萌さんが描かれた “痛い” お猪口、略して「痛ちょこ」。

08

「痛~」とは、見ていて頭が痛くなるようなものに付く接頭辞。

写真では反対側に隠れていますが、縁の部分に萌さんの口が描かれていて、お酒を呑もうとすると口と口がくっついて・・・イタタタ。

また、バレンタインには「痛ちょこの板チョコ」がおまけで付いてきたそうです。

 

ちなみに鈴木酒店では、お酒以外の萌え商品も扱っています。

こちらは静岡おでんの “黒さ” に注目して開発された「しぞ~か★おでん 黒魔法少女 黒静(くろしずか)」。

09

箱の中には「レトルトパウチされた静岡おでん」と「だし粉と青のりのふりかけ」、そしてやっぱり「おまけカード」が入っています。
それにしてもおまけは必須なんですね。

もちろん普通のお酒、特に地酒も豊富に扱ってます。

10_2

でもやっぱり注目してしまうのは萌え系の商品。

店主の鈴木さん曰く、

「アキバに行けば、こういった商品はいくらでもありますが、地元のお酒をここで販売することに価値があると思っています。キャラクターの魅力で美味しい地酒をアピールしていきたいですね」

とのこと。

ホビーショーなどが開催されるツインメッセからも近いこちらのお店。
オタク系のイベント帰りにちょっと寄ってみてはいかがでしょう?

鈴木酒店
静岡市駿河区豊原町9-20
0120-11-1926
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】ほぼ年中無休

より大きな地図で TNC静岡ジモティーズ を表示

■2013年3月以降の静岡ジモティーズの記事の取材場所が一覧で見られます■

(by 静岡漫画研究所)

【03】お前もデカなら足で稼げ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/59324219

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡市にあるアニメ好きのための酒屋:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。