TNC静岡ジモティーズ TNC

« エメラルドグリーンの寸又峡 | トップページ | 全国小中学生ランキング!(4) ~学校楽しい?~ »

2014年12月12日 (金)

三島市にオープン!ほんまもんの京料理店

Sub_title_17

Kyogoen051

今年の紅葉は格別美しい~、なんてニュースを観ていると、『そうだ、京都行こう。』~♪のあの音楽が自然と流れてきちゃう、単純なワタシ。パンフレットだけでも手にして、ココロはいつでも京都へGO

京都大好きなワタシのこの想いをかなえてくれる、京料理のお店が三島市本町にオープンしたというので、ちーっとばっか、リサーチにでかけました☆

Kyogoen08

三嶋大社から西に向かって延びる鎌倉古道沿いに【京 ごえん】があります。ちまきのお守りに落款風の『縁』の朱文字。モダンな白いのれんが目印です。

Kyogoen04

『京料理は高いとか、かしこまっているとか言われるけど、カジュアルに本格的な京料理を召し上がっていただけますよ』と、店主の湯浅芳之さん。京都で
15年間修業し、2011年に地元・三島に戻ってきて、20146月に【京 ごえん】をオープンしたそうです。京野菜や湯葉、生麩、旬の魚に、ひと手間、ふた手間かけて、目で舌で楽しませてくれるひと皿に仕上げた『ミニ懐石』は、6品で3,500(税込)。京都のもてなしがリーズナブルにいただけます。しかも、ハモや河豚、松茸など、季節を取り入れたアレンジもしてくれるというから太っ腹。

今年の女友達との忘年会は河豚づくしに決ーめたっ!

Kyogoen03


Kyogoen02

美味しいお料理にはお酒が欠かせない。やっぱり京都の地酒ですよね~。
常時6銘柄ほど揃っているラベルがおしゃれな京都の地酒は1合1000円~(税込)。中には入手困難なものもあるというから、お酒に目がないワタシにはうれしい限りです。料理もお酒も京都づくし。あ~ぁ、甘露(*v.v)。

Kyogoen05

そして、これこれ、湯浅さんお勧めの京都の梅酒『青谷の梅』グラス600(税込)

7年も長期熟成させた梅酒はほんのり琥珀色。ちょっぴりしょっぱめの出汁を含んだ店自慢のふわふわの『出巻玉子』600(税込)がよく合います。ミニ懐石にプラスして注文する常連さんが多いそうですよ。

Kyogoen052

手書きの黒板にはずらり。煮物、焼き物、揚げ物と京のおばんざいの魔法にかかってしまいそう。外せないマストアイテムは、葛粉を使った『長芋のグラタン』900(税込)や牛スジ入りの『京風おでん』900(税込)。ワタシもさっそく、熱々を、ふうふうしながら、いただきまーす。まだまだ京都の誘惑が続きます。

Kyogoen06

オフホワイトが基調のモダンな店内には、こじんまりとしたカウンターがあります。夫婦でしっぽりっていうのも粋ですね~。

カウンターの向こうに ・ ・ ・ ・ 
( ^ω^)おっおっおっ

河豚のひれ゚ .+:。(・ω・)b゚.+:。

ひれ酒、くださーい☆  またまた呑んじゃう(*゚ー゚*)

お料理は野菜とお魚中心のヘルシーなものばかり。『三島の京都に連れてくよーーー!』って、女友だちにさっそくLINEしちゃいました!


店主の湯浅さんは、職人気質かと思ったら、意外にもおしゃべり好き。京都旅行の穴場を指南してくれるので、来春の京都旅行はバッチリね。


内緒にしたい大人なお店。暖簾をくぐってよかった~。



■京 ごえん
【営業時間】17:3024:00
【住所】三島市本町1-27本町山口ビル1F西
【電話】055-972-8154
【定休日】日曜
【駐車場】なし

 

■2013年3月以降の静岡ジモティーズの記事の取材場所が一覧で見られます■

by MOCO@ICHICO

※掲載内容は
20141128日時点の日情報に基づいており、最新の情報とは異なる場合があります。

【14】新店舗オープンガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/60750131

この記事へのトラックバック一覧です: 三島市にオープン!ほんまもんの京料理店:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。