TNC静岡ジモティーズ TNC

« 見応えのある名画の旅へ~大原美術館展~ | トップページ | TNCジモティーズインタヴュー vol.4 石川秀明・ギタリスト/作曲家/テクニカルライター »

2015年4月27日 (月)

銀座の元祖は、静岡です

全国どこにでもある「銀座」という、商店街などの通り名。

「銀座」は繁華街の代名詞ですね。その地域で一番にぎわいのある商店街が「○○銀座」と呼ばれたり、活気のある街にしたいという願いから「△△銀座」と名乗ったり、その願いむなしくシャッター商店街になってしまったりと、「銀座」には様ざまなストーリーがあります。

さて、その「銀座」ですが、誰もが元祖は東京の銀座、京橋や有楽町近くの銀座、三越のあるあの「銀座」だと思っていますよね。

「繁華街の代名詞」という意味では、たしかにあの中央区の銀座が「元祖」なのですが、実には、銀座のは静岡県にあるのです。

こちらが証拠(?)の写真です。

Ginza

場所は静岡市街。両替町の通りを本通りのほうに北上して、右手に見えてくる石碑です。

碑文を写してみます。












「慶長十七年(1612年)駿府の銀座は江戸に移された 今日の東京銀座のルーツは静岡にある」

衝撃の事実ですねえ。

銀座というのは、もともとは町の名前ではなく「銀座役所」という機関。貨幣の鋳造や金・銀の売買をするところだったそうなので、今でいうところの日本銀行+造幣局みたいなものでしょうか?

1606年、大御所家康公が駿府の両替町にそんな国家の最重要機関「銀座」を設置しました。大御所は駿府を日本の首都にするつもりがあったのではないかと思ってしまうような、大胆な都市計画ですね。

その駿府の「銀座」が、1612年に江戸の今の土地に機能移転。その後、あちらは日本の「繁華街の中心」ともいうべき大都市に成長しました。ですから、「銀座のルーツは静岡にある」というのは、根拠のない話ではないのです。駿府の銀座は、一旗あげたヒーローの父親のようなもの。ゴン中山のお父さん・儀助さんみたいな存在と言えばいいのでしょうか。

あちこちにある銀座を見かけたら、静岡県民はふっと笑って「うちんとこが、元祖銀座だ」と誇りを持ちましょう。「小京都」に出会った京都府民のように。

(by Ko)

【08】ジモティック・コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/60823743

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の元祖は、静岡です:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。