TNC静岡ジモティーズ TNC

« Jリーグ観戦チケットプレゼント!第14弾 | トップページ | 村松崇継(むらまつ・たかつぐ) 作曲家 »

2015年6月25日 (木)

豪華トイレのはしり「トワレかわせみ」

最近、外国人観光客が日本にたくさん訪れている、というニュースをよく聞きます。海外からのお客様が日本に来て、はじめに驚くことが「公衆トイレがきれい!」なのだそうです。

空港に降り立って、まずはトイレに……と入れば、そこはリビングのようにぴかぴかで匂いもしない。便器を見れば、シャワー洗浄に暖かい便座、何に使うんだというほどたくさん並んだボタン。

「清潔でテクノロジーにあふれている」。それがトイレから受ける日本の第一印象なのだそうです。

とはいっても、日本も昔からこうだったわけではなく、いろんな施設が清潔で高機能なトイレを備えるようになったのはここ20年ほどでしょう。

前置きが長くなりましたが、静岡県にはこうした「きれいで豪華なトイレ」のはしりともいえる施設があります。

それが、三島市の佐野美術館そばにあるこのトイレ。

Dsc00020

なんかのお店か、ギャラリーに見えなくもないこの外観。

Dsc00021
無駄にぼかした写真撮ってみたりして。

このトイレ、公衆トイレでありながら、名前がついています。その名も

Dsc00019

「トワレかわせみ」。

「トワレ」はトイレのフランス語。おフランスざんす。












中(男子トイレ)に入ると

Dsc00022

絵画が飾られていたりして、他の公衆トイレとの格の違いを感じます。

設備も、

Dsc00023

Dsc00024_2

きれいで広々。

建てられたのがかなり前なので、シャワートイレではないとか、建物自体はすこし古びている感はあるのですが、それを補って余りある、しっかりした手入れと、誇りの感じられる清潔さ。すばらしい。

トワレかわせみが設置されたのは平成8年-1996年の9月のことだそうです。私の記憶がたしかならば、この当時、三島市が観光整備の象徴として「使って気持ちのよいトイレを」ということで設置したもののはず。

この観光トイレ、いちど用を足してみる価値がありますので、三島に、佐野美術館においでの際には、チェックインしてみてください。

(by Ko)

【08】ジモティック・コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/59797966

この記事へのトラックバック一覧です: 豪華トイレのはしり「トワレかわせみ」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。