TNC静岡ジモティーズ TNC

« 美しい紅葉の写真をいただきました | トップページ | 椎名 林檎(しいな・りんご) シンガーソングライター »

2015年11月19日 (木)

県が「痛快! 静岡県」プロジェクトを起動

Koです。けっこうニュースになったので、みなさんご存知かと思いますが、静岡県が「痛快! 静岡県」というプロジェクトを始めました。

Tsukai

個人的には「また県が新しいサイト作ったの?ポコポコ作らず一個一個をしっかり育てて相互に密に連携してゴニョゴニョ……」と言いたくなる感じもちょっとあったりするのですが、意欲的なのは意欲が無いよりはいいことだとも思う今日この頃です。

スタートにあたっての目玉企画は「写真でぼけて!」。

Watanabe

わかりやすく言えば「インターネット上の大喜利」であり、「写真に一声添えることで、笑いを取るコンテスト」が「ぼけて」です。

今回、「痛快!静岡県」のページでは、メールアドレスさえあれば、誰でもこの「ぼけて」に参加できるようになっています。写真を撮影して下さったのは、静岡県出身のカメラマン渡部陽一さんです。

たとえば、こんな写真。あなたなら、どんな一言を添えますか?

Tea
簡単に見えて難しいんです、これが。

人の作品には「面白くない」「ここが悪い」「あそこがつまらない」と言えるのですが、いざ自分がやってみると、笑えるボケがまったく出てきません。思いついた時にはよさそうに思えたボケが、表示されて客観視すると「何だこれつまらん」と思えてくるのです。いやはや、お笑い芸人さんや噺家さんのすごさがわかります。

この「静岡×渡部陽一×ぼけて」の優秀ボケ作品には、賞品も用意されています

最優秀賞には「ふじのくに新商品セレクション 27年度最高金賞 静岡マスクメロンジャム」。さらに「渡部陽一さんに記念撮影をしてもらえる権利」

この権利、もらっても困る人もいそうな……そして渡部陽一さんは、記念写真を撮ってもらうような、そういう写真家でしたっけ?

まあ、そんな獲らぬ狸の皮がチクチクするんじゃないかというような心配はせず、どんどんボケていきましょう! 私も思いついたら参戦します!

(by Ko)

街で見かけた風景にツッコみまくる「街角の主張」
けっこうある街のボケ「街角の主張2」
ボケてないよまじめだよ「ドラえもん神社2」
⇒ ある意味写真に一言添えたネタ「静岡生まれの偉大なるものの銅像

【08】ジモティック・コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/46599631

この記事へのトラックバック一覧です: 県が「痛快! 静岡県」プロジェクトを起動:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。