TNC静岡ジモティーズ TNC

« 巨人伝説が残る、ダイラボウへ | トップページ | 秘境感たっぷりの小笠山・六枚屏風 »

2016年1月25日 (月)

「ホテイのやきとり」にはドデカ缶がある

Koです。みなさん「ホテイフーズ」はご存知ですよね。清水区蒲原に本社のある、缶詰王国静岡の一角をなす会社。創業は昭和8年。主力商品は、だれもが一度は口にしたことがあるであろう「やきとり」の缶詰。

おいしいですよね。「♪やきとりな~ら~、ホッテイ! やきやき」と口ずさみながら、ぺろっと1缶行けてしまいます。

ところが、このやきとり缶、ぺろっと食べられるこのサイズだけではなかったのです。

ほら! ほぼ三倍の大きさ!

……インパクト薄いですか? では……20141102_174627
でーん! ホテイのやきとり1,750グラム缶。小さいのが85グラムなのでほぼ20倍です。ちなみに中身は一緒です。

基本的にこれは業務用なのでしょうが、実は非常食としてもなかなか優秀。ホテイの焼き鳥は水分が無くても、冷たくてもおいしく食べられるので、被災地で人気があったそうです。また、缶の大きさがネタになるので、持ち寄りパーティーやお花見などに持って行くとウケます。ただし、スベってもわたくし、責任はとりません。

店舗で買う場合、業務用っぽく業務スーパーによく置いてあります。お近くにない場合にはアマゾンで。

いまは「ホテイのやきとり」にもいろいろ種類がそろっているんですね。オーソドックスなたれ味のほかに……


塩味。これはよく見かけます。


たれ味の辛口。


激辛味。これは食べたことが無いような……。 そして


ガーリックペッパー味。ずいぶん洋風になって。


で、こちらはゆずこしょう味。個人的にはこれが今一番食べてみたいです。

帰りにスーパー寄ってビールと「ホテイのやきとり・ゆずこしょう味」を買いたくなっているわたくしKoのレポートでした。

(by Ko)

【08】ジモティック・コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/48012680

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホテイのやきとり」にはドデカ缶がある:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。