TNC静岡ジモティーズ TNC

« 松井 冬子(まつい・ふゆこ) 日本画家 | トップページ | TNCラッキーナンバーズ!(第285回) »

2016年1月13日 (水)

マンホールのふたコレクション

Koです。そのデザイン性が注目されている「マンホールのふた」アート。外国人観光客が面白がったところから、あらためて見直されてきたようです。

私はけっこう前からそのよさに気付いていたぜ、出かけるたびに写真撮ってたぜヘイヘイヘイと鼻息を荒くしつつ、ストックしてあった「マンホールのふたアルバム」を公開しようと思います。

Photo_3
掛川市。掛川城本丸です。色がついてないのが惜しい。

20060703c
静岡市清水区にて。 サッカーマンホールです。リアルイラスト系。

20070409h
同じく清水区。サッカーマンホール思い切ってデフォルメ系。

あまり地方色は感じられませんが、色合いが鮮やかなので撮ったこちらは、
Photo
静岡市葵区。消火栓らしく「まとい」とツバメですね。マンホールには黄色の塗料がよくつかわれます。目立って、消えにくいのかな?

Imgp7586
由比にて。富士山と桜海老がデザインされています。

こちらは藤枝市。
Dsc00404
「わがまち藤枝」と書いてあります。富士山と藤の花のかけ言葉コラボですね。

Imgp7697
昔、静岡駅からすぐの工事現場で見つけた「場違い」マンホール。何が場違いか、わかりますか? よーく見てください。

Imgp7698
さいたま市から一時的に借りてきたんでしょうか? 工事が終わったら、静岡市のふたに変わってました。

島田市
島田市からは、島田大祭=通称帯祭りが描かれた勢いのあるマンホールふた。

Imgp7761
@富士市。荒波のむこうにそびえる富士山。

Imgp7762
写真にすると違いがわかりませんが、上のマンホールのミニ版。

Imgp7782
ミニミニ版。しつこいですか?

Imgp7776
そして、カラー版。かなり大胆なカラーリングです。

Imgp7773
富士市にはこんなのもありました。全国的にも有名な竹取物語バージョン。いいですねえ。

出かけた時、ちょっと視線を落としてマンホールを探してみてください。小さな円の中の意匠に、その土地の名所や名物が織り込まれていて面白いですよ。そういえば、家康公顕彰400年のマンホールのふたデザインは、ストラップになったそうです。これから「消しゴムハンコ」とか「記念メダル」とか、マンホールのふたグッズが熱くなるかもですね。

(by Ko)

最新デザインマンホール、ゲット!
マンホールのふた in 焼津
大御所駿府城入城400年祭

【08】ジモティック・コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/61361690

この記事へのトラックバック一覧です: マンホールのふたコレクション:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。