TNC静岡ジモティーズ TNC

« NEOPASA駿河湾沼津(下り)の夜景(沼津市) | トップページ | TNCラッキーナンバーズ!(第287回) »

2016年2月 2日 (火)

長沢 二郎(ながさわ・じろう) 水泳選手

静岡有名人列伝

長沢 二郎(ながさわ・じろう) 水泳選手 1932年2月2日生

突然ですが、バタフライという泳法は、「平泳ぎの反則スレスレ」から生まれたことをご存知でしょうか? 当初、平泳ぎの定義は「うつぶせで、左右の手足の動きが対称的な泳法」と定められていました。

そこで1928年アムステルダム五輪のとき、エーリッヒ・ラーデマッヒェルというドイツの選手がバタフライの手と平泳ぎの足を組み合わせた「左右対称」な泳ぎ方で銀メダルを獲得。旧来の平泳ぎより速いことが知れ渡り、1952年のヘルシンキ五輪ではほとんどの選手がこの泳ぎ方を採用しました。






いったんCM !





国際水泳連盟は、この「平泳ぎの亜種」を1954年5月から、新たな競技として分離し、「バタフライ」が誕生します。その時はまだ足の動きは平泳ぎだったのですが、同年6月に両足を揃えてくねらせるようにしてうつ「ドルフィンキック」によって、バタフライの世界記録を樹立した選手がいました。

前置きが長くなりましたが、その「ドルフィンキック」を考案したのが、長沢二郎氏です。沼津市出身で、沼津東高校OB。1954年には日本スポーツ賞を受賞し、1964年の東京五輪では競泳日本代表コーチを務めました。

バタフライはエーリッヒ・ラーデマッヒェル氏と長沢二郎氏の二選手によって生み出された20世紀の新泳法。その業績をたたえて1993年に国際水泳殿堂入りを果たしています。

2010年3月23日、食道がんのため78歳で永眠されました。バタフライで泳ぐ人を見たら、新たなキックの開発に腐心した、長沢二郎氏に思いを馳せてみてください。

(by Ko)

静岡有名人列伝目次

【05】静岡有名人列伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102747/60677852

この記事へのトラックバック一覧です: 長沢 二郎(ながさわ・じろう) 水泳選手:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。