TNC静岡ジモティーズ TNC

« 【腰くだけ方言講座】目次 | トップページ | 【方言】第2回 「け」 »

2005年7月13日 (水)

【方言】第1回 「かじる」

腰くだけ方言講座
※このコーナーは静岡方言に関する勝手なコラムです。

まずは衝撃の事実から。
静岡出身のみなさま、「かじる」は方言です。……ショック?

東京弁での「かじる」は基本的に
「リンゴをかじると歯ぐきから血が出ませんか?」のように、
「歯でかんで削り取る」の意味。
「(かゆいところを)かく」の意味はないのです!

「あー、蚊に刺されたの? かじると余計かゆくなるよ!」
と東京モンに言ったりすると、「?」という顔をされたり、
「こんなとこ、かじれるか!」とキレられたりします。

人間関係を円滑に維持するためにも、
「『かじる』って方言なんだよなぁ……」と常々確認を。

<written by Ko>

【かじる】 
[他動詞] [ラ行五段活用]
共通語では、「歯で削り取る」といった意味しかないが、静岡においては「かじる」あるいは「かじくる」で、「(爪で)かく」「ひっかく」の意味になる。使う機会が限定される言葉であるためか、方言であることが露呈することが少なく、共通語だと思っている静岡人も多い。東京で使って意味が通じず、愕然としたという体験がしばしば見られる。

第2回 「け」>>

⇒ 静岡方言辞典『傑作! しぞーか弁』の紹介

【02】腰くだけ方言講座」カテゴリの記事

コメント

し、しまった・・・かじるって榛原にいた頃は何も気にせず使っていました。

確かにかじるってリンゴを「かじる」とかのかじるですね。

私はアトピー性皮膚炎がひどかったので、よく背中とかをかいていましたが、
そういう時に決まって、
「やーい、背中ばっかかじるなや~」って怒られていました。(笑

短大時代、友達に「背中かじったら血が出たよ」って言ったら「?」って顔をされ、
「どうやって自分の背中かじれるの?」←(噛み付くと思われたらしい)
と言われました。
身振り手振りで説明しましたがその時まで方言だと思ってませんでした・・・^^;

やっぱり「かじる」は「方言だとぜんぜん思ってなかった方言」の上位に来るようですねー。
「背中をかじる」をそのまんま共通語でとらえると、いろんな意味でアヤしい状況です。妖怪のような怪しさもあり、オトナの妖しさもあり。あらぬ疑いをかけられないよう、他県では十分気をつけて使ってください。

かじるって方言だったんですねー
生まれも育ちも今現在も静岡県で
普通に使ってるから共通だとずっと思ってました(^^;)

伊豆の生まれで、小学校卒業後、東京に引っ越しました。
40を過ぎた今、方言だと初めて知りました。

鼻の先を「引っかいて」出血したとき、「かじったら血が出た」といったところ、「どうやって鼻先をかじれるのか」と驚かれました。

実は静岡だけではなく、福岡でもつかわれます

山梨でも使いますよ( ^ω^ )!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。