TNC静岡ジモティーズ TNC

« 【方言】第2回 「け」 | トップページ | 【方言】第4回 「やいやい」 »

2005年7月13日 (水)

【方言】第3回 「だもんで」

腰くだけ方言講座
※このコーナーは静岡方言に関する勝手なコラムです。

今回とりあげる静岡方言は『だもんで』。私の思い出の言葉です。
私が初めて無意識に使い、ツッコまれた静岡方言なのです。
東京弁だと『だからさ』『それでね』といった接続詞ですね。

あれは横浜在住のある方と飲んでいた時でした。
「……なんですよ。だもんで……」といった途端、
「『だもんで』だぁ? 君もすっかり静岡県民になったな!」

ちなみにツッコんだこの方、コテコテの静岡県人でありながら、
本籍まで横浜に移し、「俺は横浜市民だ!」と言い張っている
「なんちゃってハマっ子」です。

最初の上司が『だもんで』連発の人だったのです。
だもんで、うつっちまっただよー。しゃんねーら?

<written by Ko>

【だもんで】 
[接続詞] [順接]
共通語だと「~なもので」「ですから」「それで」といったところ。「~だもんで」というように続ける場合と、いったん文を区切ってから「だもんで」と続ける場合がある。「AだもんでB」の形で使用し、理由Aを述べた後に、その影響・結果としてのBにつながるというのが、正式な語法だが、それほど因果関係のはっきりしないAとBを漠然とつなげることも多い。英語で言えば"so"が一番近いだろう。
静岡人がしどろもどろに言い訳をするときなどに、良く聞かれる接続詞である。

<by Ko>

<<第2回 「け」    第4回「やいやい」>>

⇒ 静岡方言辞典『傑作! しぞーか弁』の紹介

【腰くだけ方言講座】目次へ

【02】腰くだけ方言講座」カテゴリの記事

コメント

「だもんで」の活用形に「だもんだい」というのもあります。私が在籍した高校の政経の先生は授業中「~だもんだい」を連発する為、あだ名はまんま「だもんだい」でした。本名は・・・忘れました。でも1時限の中で何回使うか数えたところ50分で60回を超えてた記憶があります。きっと話の継ぎ目としてとても使いやすい方言なのだと理解しました。授業は理解できませんでしたが・・・。

「だもんだい」……おっしゃっていたのが先生ですから、おそらく「ザ・問題!」と連呼して、生徒が社会に対して問題意識を持つように呼びかけていたのでしょう。ここも「ザ・問題」!、こういうところも「ザ・問題」!

静岡弁で『大丈夫?』って何か言い方ありますか?

「だもんで」は横浜でも使う気がします…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。