TNC静岡ジモティーズ TNC

« 愛美ちゃんポスタープレゼント! | トップページ | TV番組『静岡産だよ!話題の新星』 »

2006年6月29日 (木)

【方言】第11回 みるい

腰くだけ方言講座
※このコーナーは静岡方言に関する勝手なコラムです。

今回のテーマ方言は「みるい」です。

始めは「柔らかくて、みずみずしい」という意味と聞きました。
しかし「熟していなくて、青臭い」だという人もいる。
さらに食べ物だけでなく、「幼い」の意味でも使う……?

私の調べた限りでは、この言葉、元は「お茶栽培用語」らしいです。
「みるい」とは「新茶に使う新芽の状態」。
だから「柔らかくて、みずみずしい」でありながら「未熟で幼い」!
方言を調べて、名産に行き着く。これぞ究極の静岡方言。

さあ、究極方言「みるい」。静岡県人なら使いましょう。
あなたの周りで青臭い行動をして失敗した人がいたら、
ニヒルに笑ってつぶやくのです。

「みるいからさ……」。

【みるい】[形容詞]
(1)柔らかい。
(2)幼い。若い。熟していない。
変化:みんるい(強調);みりっこい;みりっけー;

静岡方言の本『傑作しぞーか弁』にて、「もっと使ってほしい方言」のナンバー1に選ばれた、しぞーか弁オブしぞーか弁の形容詞である。

読んでごろじ 静岡方言考』によれば、「ナヤシ方言」と呼ばれる「長野(ナ)、山梨(ヤ)、静岡(シ)の地域語」に属するものらしい。奇妙なことに、岩手県にもこの言葉は分布しているようだ。

もっとも頻繁に現れるのは、味覚表現として。以前、テレビ番組に岸本加世子さんが出演し、「お茶を淹れた後のお茶っ葉に、味ポンをかけてそのまま食べる」という静岡ならではのお茶の楽しみ方を紹介していた。そのとき彼女が「みるくて、……えーと柔らかくておいしいだよー」と解説していたことを思い出す。

味覚表現としての「みるい」にはプラスとマイナス、どちらの意味もあって面白い。
プラスの意味の「柔らかい」。
  例文:このほうれん草、みるくてうんまいねー。
マイナスの意味の「熟していない」。
  例文:こんのトマトは、まーだみるくて、すっぱいやー。
どちらの意味なのかは、文脈によって判断することとなる。

「みるい」の語源は不明だが、「海松」「水松」と書いて「ミル」と読む海藻の一種が由来なのではないか、とも言われる。ゆらゆらと柔らかに海中をたゆたうこの海藻から、「柔らかい」⇒「ミルのよう」⇒「みるい」。そこから「茶栽培」に結びつき、「柔らかい茶葉は、すなわち若い」となり、「幼い」という意味が派生した可能性もある。

「幼い」という意味の「みるい」は、
「上の子はしっかりしとるだけぇが、下の子がまーだみんるいもんで」
といった形で使われる。

「みるい」という言葉には、「幼い・若い」ということを否定しない、成長を見守る愛情のようなものが感じられる。「確かに育ちきっていないが、それはそれで味がある。まあ、もうちょっと見ていようか」といったところだろうか。自然の恵み豊かな静岡らしい、のんびりとした人生観を示す言葉なのかもしれない。

<by Ko>

<<第10回 「いーやあ」   第12回 「チョビチョビ」>>

人気ブログランキング←「東海地区」の地域ブログとして参加中


【関連リンク】

⇒ 静岡方言辞典『傑作! しぞーか弁』の紹介
⇒ 静岡方言の本『しずおか方言風土記
⇒ 静岡方言の本『読んでごろじ 静岡方言考

TNC楽天ブックス インターネット上で買い物ができる総合書籍販売店。なんと約60万点のアイテムが調達可能!あなたのお探しの本をここで見つけてみませんか?

【腰くだけ方言講座】目次へ

【02】腰くだけ方言講座」カテゴリの記事

コメント

ほぼ5年前、私が某商社の通信事業部に派遣された当時、周囲を見回して、「みるい職場だなぁ」(=若い衆がいっぱい)という印象を持ちました。今では子持ちも増えたようで、多少「こわ・く」なったのでしょうか?

※「こわい」(成熟していてかたい)⇔「みるい」

「みるい職場」……そんなマクロな表現もアリなんですねえ。「こわい」は広域で通じるメジャー方言なのでKoも知っていましたが、そうか、「みるい」の対義語は「こわい」になるのか……。
TNCスタッフは20代後半~30代前半が中心なので、一般からするとかなりの「みるみるオフィス」。スタッフが年齢を重ねるごとにジリジリと「こわく」なっておりますが、今年は生きのいい新人がたくさん加入しましたので、彼らが平均年齢上昇をすこし食いとめてくれています。

はるか昔(笑)、高校に入って初めて聞いた方言。
「てんこっちょ」もしくは「てんこっちょん」
てんこっちょが痛いと言われ、いったいどこ?と思ったことを覚えています。
頭のてっぺんのことだそうです。聞いてみるとそんな雰囲気の言葉です。
焼津か清水かどっちかの子が使ってましたが、同世代でも少し地域が違うとわからない言葉がありますね。

みるいって
用法が難しいですね;。

静岡出身の主人と結婚して、一年半近くなる神奈川県民です。
つい先日、こばっちょが方言であることを証明するため、ネットを検索してこちらにたどり着きました。
ばか、かじる、みるいなど、なんかヘンだと思いながら流していたすべてが、ここにありました^^
夫婦でたのしく拝見させていただいています。

・・・うちの主人、敬語にやけにくだけた言葉がまじるんですが、これも、静岡弁でしょうか?

>gblilyさん
Koも元は神奈川の出です。なかま。
方言ネタはけっこう人気があるようなんですが、書くまでにいろいろ調べないといけないので大変。この講座も、新しいのを書かないとなあ……。

ところで、敬語にくだけた言葉……? すぐには思いつきませんが、どういうのでしょう?

Koさん>
「みるい」
岩手出身で山梨・静岡に何年も暮らしてきましたが、知りませんでした。

でも、岩手にこの言葉があることは納得できます。なぜって、岩手北部~青森県を支配した殿様「南部氏」の発祥の地は山梨県南巨摩郡南部町ですから。Koさん、まだまだみるいねぇ~(嘘です(^^;;

初めてコメントします。
と言うか今日初めてこのコーナー読みました。
私は横浜生まれの横浜育ち。今は静岡県中部在住在勤です。
職場はみ~んな地元育ち。なので耳慣れない言い回しやら言葉が多くて「?」の連続でした。
「~だっけ」「~っち」「~だかしん(~かしん)」「だもんで」「~ら」「~っつ(例:いっこっつ。標準語ならいっこずつ)」などなど。言葉や言い回しそのものが標準語と違うものなどは多々あります。
敬語がくだけてる、というか、ぞんざいだなあというのは日々感じてます。生粋の静岡県民の方には申し訳ありませんが・・・。

 みるい。お茶農家の方は、標準的に使います。何故なら、刈り取りの適否を表すのに重要な表現だから。みるいと言われる状態はまだ新芽が伸びきっていない状態です。ここで刈ると見栄えはいいのですが、収穫量はがた落ちになります。そして、こわい。これは伸びすぎた状態です。酷いとお茶工場に運んだ時に、持って返れ、なんて言われちゃいます。見極めはやはり長年鍛えた目に寄らざるを得ません。刈り取りの時期、ひと雨ごとに新茶は伸びて行きます。今日刈るべきか、明日まで待つか、そこが問題だ。この時期、沢山のハムレットたちがお茶畑で首を捻っています。
ちなみに私は、少しこわくなった葉から淹れる苦いお茶が好きです。新茶はもの足りなくって。

「みるい」話じゃないんですが、以前見聞きした話で、岸本加代子氏のインタビューで、
子供の頃に眼が大きいために、「あいのこ(今は放送禁止用語でしたね)」と友人から噂された時に
母親が「加代子は(かよかぁ)日本人だでねっ!」と怒ったと言う話をしていました。
内容よりも、そのしぞーか言葉っぷりに噴出してしまった覚えがあります。

自分が最近直接触れた言葉では、
「はあもう歳だで、しゃぁねぇずらけん」ってのが、一番濃度が高かったかと(w

静岡から出て早三十年。久しぶりに里帰りすると、若者の言葉が標準語っぽく聞こえました。
しぞーか言葉も消えていってしまうんですかね(寂。

私は、沼津に住んで38年になります、最初沼津の方言に慣れませんでしたが、コバ、ヅラ等色々その中で25歳ごろ年配の女性の方からミルイと言われて何のことか分からずに一瞬ポカーンとしました後で知人に聞いて理解出来ました。ちなみに私は富山県出身です。富山も方言が多いです、他県の人は最初は理解出来ないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。