TNC静岡ジモティーズ TNC

« Keison (ミュージシャン) | トップページ | 『花嫁とパパ』&『県民性スペシャル』 »

2007年4月10日 (火)

『おっぱいバレー』 水野宗徳

ホンでもってGO!
※静岡に関係した本を紹介するカテゴリです

『おっぱいバレー』 水野宗徳 リンダブックス 青春小説

まずみなさん、このタイトルと表紙の強烈過ぎるインパクトに、「読まず嫌い」にならないでください。

『おっぱいバレー』

一見「なんだこの品のない題名……」と思われるでしょうが、この本は、たっぷり笑えて、ちょっとほろりとできる、爽やかな青春小説です。たしかに、本屋さんのレジにちょっと出しにくい外見ですが、中身は違うのです。

推薦文

舞台となっているのは、浜名湖の北西に位置する、全国的に有名なみかんの生産地・三ケ崎。と書けば静岡県民なら、「ははーん、モデルは三ケ日だな?」と分かりますね。

三ケ崎中学の男子バレー部は、新二年生たった5人だけの弱小部。周囲からは「キモ部」と呼ばれて見下され、部室でマージャンを打ちながら「女の子にもてたいなあ」と悶々とする日々を送っています。

そんな彼らを変えたのは、新顧問の女性講師・寺嶋先生と交わした、あるとんでもない「約束」。

新入部員2名を加えた元・キモ部の7名は、急きょ一致団結。「不純きわまりない目的」に向かって「純粋きわまりない努力」を始め、めきめきとバレーボールの実力をつけていきます。

純真なのに、小ずるい。ひねくれてるのに、まっすぐ一直線。エネルギー満タンのくせに、だらだらしてる。

そんな矛盾だらけの「さなぎ」である、しょうもなくて、でも愛すべき中学生の姿がこの作品にはいきいきと描かれています。また、不器用すぎる新米教師・寺嶋先生も、彼らとのバカバカしくも真剣な駆け引きの中で、かつて矛盾だらけの中学生であった自分を思い返し、自らの原点に戻っていくのです。

読み終わった後、あなたは「あー、おバカな話だった! でも面白かった!」とつぶやいていることでしょう。

ところで、この読後の爽やかさ、何かに似ているなあ、と思ったら、静岡とは縁の深い「ウォーターボーイズ」でした。夢中になるものを見つけた男の子の青春ストーリー、みなさんお楽しみ下さい。

<by Ko>

人気ブログランキング地域ブログとして参加中! 応援クリックを!
にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へにほんブログ村にも参加してみました!


プレゼント 当選者発表
ばーば様 (浜松市)
ハイネパパ様 (焼津市)
コウチャン様 (浜松市)
イチロウ様 (静岡市)
サムちゃん様 (御殿場市)
たら様 (磐田市)
良ちゃん様 (浜松市)
セツコ様 (御前崎市)

【関連リンク】
『おっぱいバレー』 水野宗徳 リンダブックス 青春小説

『ウォーターボーイズ』 映画版原作本
『ウォーターボーイズ』映画版DVD 静岡県ロケ!

『ウォーターボーイズ』TV版DVD-BOX
『ウォーターボーイズ』TV版メイキングブック

『ウォーターボーイズ2』TV版DVD-BOX 全編静岡県ロケ!
『ウォーターボーイズ2』TV版メイキングブック

『スウィングガールズ』DVD 矢口監督が贈る女の子版『ウォーターボーイズ』

TNC楽天ブックス インターネット上で買い物ができる総合書籍販売店。本だけでなくCD・DVDも調達可能! あなたのお探しの作品をここで見つけてみませんか?

【ホンでもってGO!】目次

【12】ホンでもってGO!」カテゴリの記事

コメント

昔、中学時代バレー部創設した事もあり読みたいなと思い応募した。

おっぱいとかチョコレートとかの発想の源って・・・

一体どこにあるんでしょうね。面白いったらありゃしない。
中高生が考えそうだし、テレビ業界ってどんなところって考えそうだし。

新作の「チョコレートTV」も面白いですよ。
これからも「おかしな人だけれど、憎めない」感じで、残っていく、
そんな記事まで出てくるんですから、いい人なのかも。
http://www.birthday-energy.co.jp/

たしかにデビュー作「おっぱいバレー」と次作「さよなら、アルマ」が
続けて映画になったりしていて、絶好調なんですね。

これは「チョコレートTV」もドラマ化されたり?。気になります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。