TNC静岡ジモティーズ TNC

« 『地震の時の料理ワザ』 坂本廣子 | トップページ | 安倍川、一級河川の水質調査でベスト1に »

2007年8月24日 (金)

愛美ちゃん出演映画『蝉しぐれ』8/26地上波放映

しぞーか日記

Koです。今週末、8月26日(日)の夜、TNCのCMガール・佐津川愛美ちゃんの出演映画『蝉しぐれ』テレビ朝日系「日曜洋画劇場」で放映されます。同番組の40周年記念放映作品にして、地上波初登場となります。

原作は時代小説の大家・藤沢周平氏。氏の作品は『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』『武士の一分』と、近年連続して映画化されており、しかもどれもが高評価です。そして『蝉しぐれ』は比較的短編・連作が多かった藤沢氏の作品の中で、長編として随一の評価を誇る名作と言われています。ごく簡単に内容を紹介すると

舞台は東北地方のとある小藩。主人公・文四郎は貧しい下級武士の跡継ぎとして生まれた。彼は実直な両親のもと、2人のこころ許せる友人とともに剣の腕を磨き、隣家の幼馴染の娘・ふくとの間に、淡い恋をはぐくむ青春を送っていた。しかし、尊敬する父が藩の騒動に巻き込まれたことで、文四郎の運命は変わっていく……

といった感じで始まる物語。

幼い恋、父との絆、爽やかな友情、どうにもならぬ現実、陰謀と試練、交わされる剣、忍ぶ想い。時代小説らしい要素が、無理なく盛り込まれた傑作です。

愛美ちゃんが演じるのは、文四郎の想い人・ヒロイン「ふく」の少女時代。一途な想いをあの大きな瞳に込めて、こちらが切なくなるような熱演をしています。

この映画での愛美ちゃんの評価は大変高いです。映画評では「大人になってからよりも、幼少時代のエピソードのほうが強いイメージを残した。ふく役の佐津川愛美はセリフは少なかったが、瞳で多くを語った」というようなコメントが多く見られました。

また、愛美ちゃんは映画初出演であるにも関わらず、この作品でブルーリボン賞・助演女優賞にノミネートされています。通常、この賞はそれなりの実績を積んだ、言い換えれば何本かの映画で好演した俳優さんがノミネートされるもので、初出演映画1本でお声がかかるというのは異例なことです。

同時にノミネートされたのが、この年6本の映画に出演した蒼井優さん、4本に出演した堀北真希さん、2本に出演したベテランの大楠道代さんという顔ぶれであり、受賞したのが『ALWAYS 三丁目の夕日』『オペレッタ 狸御殿』『レイクサイド マーダーケース』の3本に出演した薬師丸ひろ子さんであるのを見れば、「ノミネートだけで快挙」と言われるのも納得ですね。

佐津川愛美のデビュー作にして出世作。みなさん、8月26日(日)の夜は、ぜひ『蝉しぐれ』、ご覧になってください。

<by Ko>

人気ブログランキング「東海地区」の地域ブログ 人気ランキングに参加中
にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へにほんブログ村にも参加してみました!


【関連リンク】
テレビ朝日系「日曜洋画劇場」

映画『蝉しぐれ』DVD
『蝉しぐれ』原作本 藤沢周平

<藤沢周平×山田洋次 三部作>
たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』『武士の一分

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』公式ページ
佐津川愛美写真集『ラララ』

佐津川愛美公式ブログ「私とT time」 佐津川愛美ちゃんの公式ブログ。彼女のプライベートがかいま見られるのはここだけ!
佐津川愛美 TNCCMギャラリー 佐津川愛美ちゃんが出演しているTOKAIのCMを、インターネット上でも見ることが出来ます。
TNC壁紙 TNCのキュートなCMガール・佐津川愛美ちゃんの壁紙が登場! お部屋の模様替えを行うように、あなたのパソコンの背景画面も変えてみませんか?
しずおかココだけ情報・シネマ 静岡のシネマ上映に関する情報満載。上映スケジュールや、話題の映画検索・過去に上映された作品の情報など、静岡のシネマファンはまずここへどうぞ!

【20】しぞーか日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

※前日のアクセス数ベスト10です。