TNC静岡ジモティーズ TNC

« エスパルスドリームプラザ周辺の夜景(静岡市清水区) | トップページ | マークイズ静岡、鈴木奈々さんゲストにクリスマスツリー点灯式 »

2013年11月 8日 (金)

コンコルゲンの「課長」の素性に迫る

しぞーか日記

静岡県は、東京と名古屋、大阪・京都といった大都市の間にあるわりに、独自の「ローカル色」が強いことがよく指摘されます。代表格が「ローカルCM」。静岡県民なら知ってる、あるいは静岡県民しか知らないCMがたーーくさんあります。

その中で、2013年夏、静岡に帰省した元県民が多数、「刷り込み被害」に遭ったと言われるのが、「コンコルゲン」の歌。ご存知、「コンコルド」のCMですね。

「♪ほーめられて、のびるタイプですっ」といったキャッチーな歌詞が短期間の滞在でも脳裏にこびりつき、静岡を出ても知らず知らずに口ずさんでいたり、怒られた子供が繰り返し歌ってお母さんに反撃したりと、まあ、いろいろあったとかなかったとか。

さて、2013年11月現在のコンコルゲンのCMで際立つ存在と言えば、「課長」でしょう。キレのあるダンスと独特な風貌、味のある演技。「はい、彼女、今いいこと言いました」などは普段使いしたい言い回しです。

「課長」を演じているのは、古舘寛治(ふるたち・かんじ)という役者さん。

舞台と映画を中心に活躍する、強い個性を持ちながらも、様々な役をこなせる俳優さんです。テレビのお仕事は多くないのですが、最近はFNS系ドラマ『リーガル・ハイ』のセカンドシーズンに、「やられ役」的な弁護士としてレギュラー出演。






いったんCM !





調べてみたところ、テレビドラマ出演は、2008年に放送された榮倉奈々さん主演のNHK連続テレビ小説「」が一番メジャーな作品のようです。他にはNHK『ROMES 06』、テレビ東京系『たべるダケ』など。あの大ヒットドラマ『あまちゃん』にも1回だけ出演しているそうですよ。

そして静岡との不思議な縁を感じたのが、ドラマ『永沢君』への出演。『永沢君』は、静岡が生んだ国民的漫画『ちびまる子ちゃん』のスピンオフ。さくらももこさんが、脇役の1人、永沢君を主人公に、清水市立桜中学校での生活を、シニカルに描いた作品です。

2013年4月~9月の半年間、TBSのニュース23終了後にこの漫画がミニミニドラマとして実写化されました。主演は劇団ひとりさん。古舘さんは担任の先生として登場していました。静岡を舞台にした、静岡を代表するクリエーターの作品にレギュラー出演。2013年、古舘寛治さんは、怒涛の静岡上陸をしていたんですねえ。

……へえ~。それにしても、『永沢君』のドラマは知らなかったなあ……。なんで知らなかったんだろうなあ……。

と思ったら、当然でした。ドラマ『永沢君』、関東ローカル放送でした。SBS! なぜ放送しなかった!






いったんCM !





演劇界、映画界でユーティリティープレーヤーとして、ひっぱりだこだという古舘寛治さん。現在非常に注目が集まっています。
古舘寛治 才能のある人は人間性が強烈に現れる
「モバゲー」CMでよく見るあの人・古舘寛治の数奇な人生

『南極料理人』『横道世之介』などの作品で有名な沖田修一監督や、CMディレクターとしても高名な山内健司監督にしばしば起用されています。コンコルゲンのCMも山内健司氏が手がけたもののようです。山内健司監督の最近の作品と言えばソフトバンクモバイルの「白戸家」。なるほど……なんとなく、コンコルゲンの世界観と似ている気もします。

「コンコルゲン」の課長を調べていたら、とんでもないところまで来てしまいました。静岡での認知度がおそらく突出して高いこの役者さんは、今後、色々なところでその活躍を目に出来そうです。

<by Ko>

【20】しぞーか日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

最近の記事

※前日のアクセス数ベスト10です。