« 暗号クイズ(1) | トップページ | 知らなかった……あのゆるキャラの真実 »

2015年10月12日 (月)

【うなずきチェック】復活編その2

静岡うなずきチェック100!
※静岡人にとっての常識(?)を集めたカテゴリです。

ほそぼそと復活中です。ちょっと古いネタ入れてみました。

[復活166] 強調するとき、「すーーんごく」「いーーっぱい」「でえーーっかく」と途中を伸ばす。
[復活167] おじいちゃんが、原チャリのことを「ぽんぽん」という。
[復活168] ぞうりをじょんじょんという。ゴムぞうりは、ゴムじょんである。
[復活169] 気軽に桜えびのかきあげを食べるなら、スマル亭か鐘庵だ。
[復活170] 『一番星みつけた』というフレーズに対する反応で、年齢がある程度ばれる。











【注釈】

[166]途中を伸ばす強調
そんなの普通じゃん、と言われてしまいそうだが、他の地方に比べて静岡ではこの特徴が際立つ。たくさん、とてもを表す「うんと」も「うーーーんと」などと伸ばして使う。「ばか~」での強調とともに静岡でよく聞かれる表現である。

[167]ぽんぽん
筆者が初めて聞いたのは公共プールにて、ご年配の男性が座って友達と話しているときに、「今日はぽんぽんで来たけえ、あーめふっちまうと困るだなあ!」。「ぽんぽん船」というのは知っていたので、船で来たのかと思ったものである。ぽんぽん船と同様、昔のエンジンの音に由来するのだろう。

[168]じょんじょん
「ジョナサン・ジョンソン」の略……っと、これでは「ジョースター家」の子孫になってしまう。うそうそ、ぞうりのことである。「ゴムじょん」などは比較的若い世代でも使われる。ビーチサンダルは「ビーチジョン」なのだろうか。そうなると女性下着のようになってしまう。
語源は「ぞうり」⇒「じょうり」⇒「おじょじょ」⇒「じょんじょん」などになったという説があり、「おべべ」のような子供むけのぞうりの愛称だったようだ。

[169]スマル亭と鐘庵
どちらも静岡県民にはおなじみのそば・うどんの店。スマル亭の本社は静岡市清水区由比北田。鐘庵の本社は静岡市清水区殿沢にあり、静岡の地元密着企業である。静岡人Aが「ス!・ス!」と言えば、静岡人Bは「スマル亭!」と答えなければならないだろう。
さて、桜えびだが、意外とどこでしっかり食べさせてくれるか、静岡人は知らない。地元すぎて、かしこまって食べるような桜えびを売りにした料亭などを知らないのである。手軽に食べるなら、スマル亭か鐘庵なのだ。

[170]一番星見つけた
はじめに白状しておくが、筆者はこの番組を知らない。正式な番組名は『土曜音楽会いちばん星みつけた』と言って、1975年10月から1984年6月までテレビ静岡で放送されていた人気番組、とのこと。ざっくり言ってしまうと「こどものど自慢」であった。時代から言って、第二次ベビーブームの子供たちのあこがれの番組だったのだろう。幼少時代の佐野量子さんや大澄賢也さんが出ていたそうである。こちらのサイトでテーマ曲が聴ける。

(by Ko)

【静岡うなずきチェック100】目次へ

<<復活編1

« 暗号クイズ(1) | トップページ | 知らなかった……あのゆるキャラの真実 »

【01】静岡うなずきチェック100!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【うなずきチェック】復活編その2:

« 暗号クイズ(1) | トップページ | 知らなかった……あのゆるキャラの真実 »

ブログポリシー(著作権等について)

カテゴリー

静岡ジモティーズ内検索

静岡おでかけクーポン

最近の記事

※前日のアクセス数ベスト10です。